⑪1/1000 地球連邦アンドロメダ級一番艦アンドロメダ ムービーエフェクトVer.

今回は、組み立てを行いません。

今回する事は、パーツに1枚だけデカール(水転写)を貼ります。

そのデカール貼りなのですが、僕にとっては約・・・20数年ぶりのデカール貼りでして・・・

中学生の時以来久方ぶりなので、今回は色々調べて貼ってみました。

アンドロメダ級一番艦
まず、こちらのパーツです。

このパーツに、

アンドロメダ級一番艦
この⑮番のデカールを貼ります。

アンドロメダ級一番艦
※貼る箇所をアップしました。
この甲板部分に貼る訳ですが、水転写デカールですから、普段のホイルシールの様に、シート
から簡単に外す事が出来ませんので、先程のデカール⑮番を、まずは切り取って、

アンドロメダ級一番艦
こんな感じに、切り取ってみました。

アンドロメダ級一番艦
試しに、パーツに合わせてみました。

こんな感じで、左の方からスライドさせて、張り付けていこうと思いましたので、左側の方の
余白は切り落としてみました。

さて、貼るのに必要なのは、当然「水」な訳ですが、他にもこんなものを用意しました。

アンドロメダ級一番艦
デカールを柔らかくして、張り付けを良くする為の「マークソフター」と、水を吸い取る為に、
綿棒を用意しました。

これらの道具を使って、貼ると、

アンドロメダ級一番艦
の様に、何とか貼る事が出来ました。

ただ、この過程において色々あったんですよ(笑)。

一番ショックだったのは、貼ってる際、強く息を吹きかけてしまい、デカールが破れ、内側に
入ってしまった事です。

その後、なんとか慎重に、爪楊枝やらデザインナイフ等を使ってリカバリーできまして、無事
事なきを得ました。

失敗したら代えがきかないデカールでしたから、無事リカバリー出来てホッと安堵しましたけ
ど・・・久しぶりに一瞬蒼白になってしまいましたよ(苦笑)。。。

失敗したら、部品注文すれば良いんですけど、届くのに1週間位掛かりますからね。

あ~無事リカバリー出来て、よかったよかったという話でした(笑)。

さて、話はデカール貼りに戻りますね。

この後、数日乾くまで、ホコリが付かない様にして、ほったらかしました。

何日だったかな?

4、5日位置いてから、

アンドロメダ級一番艦
パーツをマスキングテープで、こんな感じに、ぐるぐる巻きにしました。

まぁ、一般的に勿体無い使い方ですが、僕の場合滅多に使わないですからね(苦笑)。

ここぞという時にでも使わないと、使う事が無い(苦笑)。。。

さてさて、巻いた理由はこの後、

アンドロメダ級一番艦
このスプレーを、使う為です。

デカールはそのまんまだと、剥がれる心配があるんで、この「スーパークリアー つや消し」で、
コーティングして、また、乾くまでほったらかしにしたら、

アンドロメダ級一番艦
の様に、デカールを貼り終える事が出来ました。

今回これらの作業に、約2週間位掛けて、ゆっくりやりましたが、やっぱり色々忘れてたので、
失敗も多かったですが、事前に「miffy.」さん所に行って調べたりしましたので、僕としては、ス
ムーズに出来た方ではないかと、思います。

まぁ、この失敗は次に生かして、また機会があったら、頑張ってみようと思いました。

それでは、今日は以上になります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ななし
北海道の東に住む30代後半の自称、連邦量産機バカ。
主に1/144のガンプラ好きのななしが、タイトルの如く、パチ組み素組で組み立てた物とかを、呑気にアップしていこうと思って始めました。
そんなブログですが、一つ宜しくお願いします。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プリンのプカップ@エキシビジョン