僕の地球艦隊(プリンのプカップ@エキシビジョン参加作品)

今日は、「プリンのプはプラモのプ」こばゆう氏主催の「プリンのプカップ@エキシビジョン」に
参加のタイトル名「僕の地球艦隊」を紹介します。

僕のブログは、ブログ名の如く、パチ組専門なので、当然作品もパチ組です。

僕は、飾って楽しむのではなく、ブンドドしたり、眺めつつ妄想したりして遊ぶのが好きで、
同じものを沢山組み立てる事を、楽しんでいます。

ですので僕の作品は、パチ組ですが、単品ではなく、参加期間中に組み立てたプラモデルを並
べて、今年発売された「宇宙戦艦ヤマト2202」シリーズで、飾ってみました。

写真枚数は、10枚以内という事なので、僕は7枚用意しました。

何度も言いますが、パチ組ですけども、見て貰えたら嬉しいです。

それでは、お見せしますね。





地球艦隊
これは、今回の全艦艇を写した1枚です。

「アンドロメダ」を中心に、「ドレットノート級」6隻と「金剛改型宇宙戦艦」3隻の計10隻の艦隊です。

次は、それぞれ個別に撮った4枚です。

地球艦隊
こちらは、旗艦「アンドロメダ級一番艦アンドロメダ」です。

地球艦隊
こちらは、「アンドロメダ」から見て、右側に並ぶ「ドレットノート級」3隻です。

地球艦隊
そしてこちらは、「アンドロメダ」から見て、左側に並ぶ「ドレットノート級」3隻になります。

地球艦隊
それと、「アンドロメダ」の前後周辺に寄り添っている「金剛改型宇宙戦艦」です。
ちょっと見辛いですけど、3隻になります。


今回、この艦隊にしようと思った切っ掛けは、「プリンのプカップ」の規定条件が、「旗」だった
のが大きかったです。

そもそも、この「宇宙戦艦ヤマト2202」シリーズのプラモデルは、「プカップ」に合わせて購
入したものではありませんでした。

また当初、「プリンのプカップ」に参加も考えていませんでした。

何故なら、プカップの前の「こばゆう杯」の参加条件が、LINE持ちとの事だったので、今回も同
じかな?と思っていたので、それじゃあスマホを持っていない僕には無理だな?

残念だなぁ~と思いつつ眺めていたんですが、その後、勘違いに気が付いた時には、時遅し、
締め切られた後でした。

でも、その後また、参加募集が再開されましたので、したら僕も参加してみるか?

他の人は、当然スゴイの作って来るんだろうけど、そういうのだけだと、気軽に参加してみた
い人は、いしゅくしたりしたら嫌だなぁ~・・・

と思って、言い訳を考えつつ、僕も出る事にしました。

で、「旗」であれば、僕が一番に思い描くのは、軍艦でしたので、「ドレットノート」の発売時期
が丁度よかったのと、皆も思い描くだろうと思う、波動砲搭載艦の一斉射撃シーンが頭に過り
まして、それなら、旗艦に、「Z旗」を掲げれば、参加出来るなと。

それが、参加理由でした。

という訳で、最後の2枚は、一番僕がしたかった波動砲搭載艦による一斉射撃シーンで締め括
ります。

ここまで、見に来て頂いてありがとうございました。

地球艦隊
参加規定条件の「旗」ですが、縦5㎜・横7.5㎜なので、全然見えませんでしたので、ここで
写しておきました。

というより、艦艇が整然と並んだ姿が、艦橋が城の様に見えて、僕は一番好きなんですよ。

そして、最後!!

地球艦隊
7戦艦拡散波動砲一斉照射!!

以上、僕の地球艦隊(プリンのプカップ@エキシビジョン参加作品)でした。



関連記事

1/1000 地球連邦アンドロメダ級一番艦アンドロメダ ムービーエフェクトVer. パチ組素組み完成
1/1000 地球連邦主力戦艦ドレッドノート級ドレッドノート パチ組素組み完成

プカップ用旗作り

プカップ用旗作り

プカップ用旗
今日は、模型の組み立ては行いません。

「プリンのプはプラモのプ」の、こばゆう氏主催の「プリンのプカップ@エキシビジョン」の、規
定条件である「旗」を、作っていきます。

作っていく「旗」は、Z旗です。

プカップ用旗
まずは旗の材料として、日本伝統の、この「和紙」の色紙を使って、「旗」を作っていいきます。

何故?「和紙」にしたかと言うと、普通の折り紙でも厚く感じたので、薄い「和紙」の方が、「旗」
の感じが出るのではないか?
と、「和紙」の繊維質な感じが、「布」の様な感じがして良さそうと思いましたので、「和紙」にし
ました。

それでは、作業に入っていきます。

プカップ用旗
この青色の和紙に、

プカップ用旗
これらの道具で、線を引き、切り取り線を書いていきます。

プカップ用旗
切り取り線は、こんな感じになりました。

これを、ナイフで切り取ると、

プカップ用旗
の様になります。

実際の所、1回目は失敗しちゃいまして、これは2回目になります(苦笑)。

そして、この切り取った和紙を、中央の線で、谷折りにすると、

プカップ用旗
の様な感じになります。

そして、黒色の和紙も同じく切り取って、谷折りにし、他の2色の和紙も、手頃な大きさに切
り取ると、

プカップ用旗
の様に、「旗」のパーツが用意出来ました。

これらを、

プカップ用旗
この「のり」で貼っていきます。

プカップ用旗
※途中経過1です。
黄色と赤色の和紙の上下に光っているのは、セロハンテープで、和紙が動かない様にする為、
固定するのに使っています。

それと、鉛筆で書いている線は、これも切り取り線で、ここで切る予定です。

この後も作業を続けていくと、

プカップ用旗
※途中経過2です。
の様な感じになりました。

この後、黒色と青色の和紙に合わせて、上下の黄色と赤色の和紙をカットしていくのですが、
「のり」が乾くまでの間、次の作業をしていきます。

プカップ用旗
家の仏間とかから、これらの道具を用意しました。

右上はロウソクで、左下はマッチ、左上は、万が一の為の火消用の水です。

そして右下のは、プラモデルの要らないランナーを、手頃な長さに切り取ったプラ棒です。

これらを使って、糸状のパーツを作っていきます。

プカップ用旗
まず、ロウソクに火を付けて、

プカップ用旗
このプラ棒の両側を手に持って、中央部分を火であぶり、柔らかくなったら、両端を引っ張ると、

プカップ用旗
の様に、伸ばした部分が、糸状になりました。

この糸状のパーツは、戦車とか車のプラモデルに、アンテナとして、追加加工で取付ける一般
的な加工の一つで、僕も昔よく使っていたんですよ。

今はどうなんでしょうね?

そこはちょっと分かりません(苦笑)。

プカップ用旗
※「アンドロメダ級一番艦」の艦橋部分をアップしています。
次は、前に組み立て終わった「アンドロメダ」に、「旗」を取付ける為、一部パーツを外します。

プカップ用旗
これらのパーツを、一旦外しました。

この後、ちょっと写真が無いんですけど・・・

先程用意した糸状のパーツを、不要な部分を切り取り、一時的に艦橋に取付け、具合を見て、
「旗」を取付ける当たりをセロハンテープで付け、外すと、

プカップ用旗
の様になりました。

プカップ用旗
そして、糸状のパーツ(左)のセロハンテープが付いてある下の所に、和紙で作った「旗」(右)を、
「のり」を使い、挟んで取付けると、

プカップ用旗
の様になり、「アンドロメダ」に取付ける「旗」が出来ました。

次は、この「旗」を、「アンドロメダ」に取付けていきます。

その前に・・・

プカップ用旗
作業するにあたって、これらのパーツが邪魔だったので、また外しました(苦笑)。

では、取付けていきますね。

プカップ用旗
まず、この糸状のパーツの輪っかになっている部分を、

プカップ用旗
※取付ける部分をアップしました。
こちらの上部中央辺りの、四角い部分に引っ掛けて、先程外したパーツを1つ付け直すと、

プカップ用旗
の様になります。

プカップ用旗
続いて、糸状のパーツの下の方の2本を、

プカップ用旗
※取付ける部分をアップしました。
この艦橋中央辺りの2本の溝に差し込むと、

プカップ用旗
の様になります。

この後、これまで外して置いたパーツを、全て取り付け直すと、

プカップ用旗
の様に、「アンドロメダ」に、「旗」が取付ける事が出来ました。

プカップ用旗
しっかし、小さいなぁ(笑)~・・・

ちなみに、大きさは、縦5㎜・横7.5㎜という大きさです。

それでは、今日は以上になります。

あぁ~楽しかった♪

管理画面のトラブルにより、今日の更新は見合わせます。

もし、直れば、編集したいとおもいます。

ご報告します。

今日は、僕の都合により、組み立て作業は、一旦お休みします。

だと寂しいので、嬉しい事を一つ♪

今回、僕がこっそり覗きに行っていたブログの方と、相互リンクして頂ける事になりました。

ブログは、「white one【シロいヤツ】」という名のブログで、「Uchi」さんが運営されております。

ブログのペースは、ゆっくりな方の様ですが、オリジナル設定の最終決戦仕様として、HG
のリバイブと、ジ・オリジンのガンキャノンを、それぞれ同じ仕様で制作されるなど、どう
やら、フル装備が好きな方の様ですね?

完成された作品を見ると、しっとりとした感じの鮮やかな色がキレイです。

1convert_20170502211403.png

今後とも、宜しくお願い致します。

一休み

今日は、組み立て作業は、一旦お休みします。

先週から、ちょっとブログ内を弄ってまして、一応一通り終わったので、編集内容について、
今回は、話したいと思いますので、お付き合いください。

今回弄ってみたのは、カテゴリ内の一つ。

「パチ組完成品」内に「パチ組完成品一覧」というページを作りました。

編集
今までの表示では、完成した古い順に並んでましたが、それだと新しいのは、どんどん後ろに
追いやられ、何度もページをめくらないといけませんでしたから、それだと今後は大変だな?
と思いまして、新たに上の様な一覧を作ってみました。

例えば、ガンダムシリーズの「0080ポケットの中の戦争」をクリックすると、

編集
の様な画面に変わり、ガンダムシリーズの0080ポケットの中の戦争カテゴリに登場もしく
は、関わりのあるガンプラで、僕がこれまで組み立てた完成品を、個別に選択出来る様にしま
した。

また、その他全てのページには、下にある「戻る」をクリックすると、先程のパチ組完成品一覧
のページに戻れる様にしました。

後、今回の編集で、気になった所などを、幾つか手直ししていますが、主に複数にまたがった
完成記事の、下の関連記事内とか、自己紹介などだけですので、そこは省きますね。

今後、この様な感じで行こうと思います。

今日は、以上です。
プロフィール

Author:ななし
北海道の東に住む30代後半の自称、連邦量産機バカ。
主に1/144のガンプラ好きのななしが、タイトルの如く、パチ組み素組で組み立てた物とかを、呑気にアップしていこうと思って始めました。
そんなブログですが、一つ宜しくお願いします。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プリンのプカップ@エキシビジョン