① 1/1000 宇宙戦艦ヤマト2202

今日は、もう1つ組み立て行こうと思うプラモを、紹介しようと思います。

前日、報告したばかりの「1/1000 宇宙戦艦ヤマト2202」を、早速組み立てて行こうと思います。

実の所・・・この「ヤマト」土曜日に届くかな?

と思い、予定立ててたんですけど、日曜日にずれ込んでしまったというのが、本音なんですよ(苦笑)。

宇宙戦艦ヤマト2202版
こちらは、箱になります。

宇宙戦艦ヤマト2202版宇宙戦艦ヤマト2202版
宇宙戦艦ヤマト2202版宇宙戦艦ヤマト2202版
こちらはインストで、カラー部分になります。

宇宙戦艦ヤマト2202版
また、今回のキットにも「ドレッドノート」の時と同じく、別売りの発光ユニットの注文書が、
インストの中にありました。

でも、注文書では3セットまで注文出来る様ですが・・・
ヤマトは、この1隻なので、3セットも購入する方っているんでしょうかね(笑)?

この艦艇は、劇場作品「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」に登場する地球連邦航宙艦の1隻
で、超弩級宇宙戦艦ヤマト型一番艦「ヤマト」(第一次改装型)です。

解説書によると・・・

前作(2199)で、イスカンダルからコスモリバースを受領し、無事地球に戻り着き、地球の復興
後、記念館として保存されてた「ヤマト」を、戦列復帰させる為、改装を施したのが今回の2202
版の「ヤマト」(第一次改装型)の様です。

前作の2199版の「ヤマト」は、僕は持っていなかったので、今回初めて「ヤマト」を組み立てる事
になります。

そういえば、昔のキットでも、この「ヤマト」だけは組み立てた事なかったなぁ~・・・

アンドロメダとか主力戦艦、巡洋艦とかは、よく組み立ててたんですけどね(笑)。

さて、パーツを見ていきましょう。

宇宙戦艦ヤマト2202版
A1(左)・A2(右)ランナーパーツです。

宇宙戦艦ヤマト2202版
Bランナーパーツです。

宇宙戦艦ヤマト2202版
Cランナーパーツです。

こちらのパーツですが、新規パーツではなく、2199版の方のパーツでした。

それも、使うのは台座用3パーツのみで、他は使いません。

宇宙戦艦ヤマト2202版
Dランナーパーツです。

宇宙戦艦ヤマト2202版
Eランナーパーツです。

こちらのも、新規パーツではなく、2199版の方のパーツになります。

こちらは、先程とは変わって、使わないのパーツは、3パーツでした。

何だかなぁ(苦笑)~・・・。

宇宙戦艦ヤマト2202版
F1(左)・F2(右)ランナーパーツです。

宇宙戦艦ヤマト2202版
Gランナーパーツ×2です。

これも、2199版のパーツでした。

宇宙戦艦ヤマト2202版
Hランナーパーツ×2です。

このパーツは、透明なクリアパーツ(左)とオレンジのクリアパーツ(右)です。

宇宙戦艦ヤマト2202版
Iランナーパーツ×2です。

宇宙戦艦ヤマト2202版
こちらは、青のLEDユニットセットです。

宇宙戦艦ヤマト2202版
※別途に購入してきました。
これは、LEDユニット用の電池です。

宇宙戦艦ヤマト2202版
水転写式デカール(左)・ホイルシール(右)です。

何か色々シールある様ですが、僕は基本貼りませんので、予めご了承ください。

以上、「1/1000 宇宙戦艦ヤマト2202」の中身の紹介でした。

それと、おまけのメカコレ「金剛改型宇宙戦艦ゆうなぎ」

メカコレゆうなぎ
A1(左下)・A2(左上)・B(右)ランナーパーツになります。

では、次回からこちらをメインとして、組み立てて行こうと思います。

なるべく早く艦隊編成して遊びたんで、こちらも宜しくお付き合い下さい。

2017年10月の購入分

今日は、10月に購入したガンプラ以外のプラモデルを紹介します。

と、いっても、1つだけですけどね。



1/1000 宇宙戦艦ヤマト2202

宇宙戦艦ヤマト2202版
先日発売したばかりの、劇場作品「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」に登場する主役艦、
「宇宙戦艦ヤマト」です。

宇宙戦艦ヤマト2202版
インストです。

宇宙戦艦ヤマト2202版宇宙戦艦ヤマト2202版
パーツの全体像です。

A1・A2・B・C・D・E・F1・F2・G×2・H×2(色違い)・I×2
の各ランナーパーツ14種とホイルシール・水転写デカールの他、LEDユニットセット×2
が入ってます。

1/1000シリーズ大好きですから、当然購入しました。

今回は、特に箱絵が良いですね♪

普段なら、宇宙空間とか地球をバックの黒色が多かったので、青い空、青い海からの発進シー
ンは、復興を遂げた地球から、新たな旅立ちを連想させるには、もってこいですね♪

ただ・・・キットは、どうやら完全新規という訳では無い様です。

後、今回のヤマトにも、付録としてメカコレのこんなのが入ってました。

メカコレゆうなぎ
下箱の裏を切り取って、新たに箱を組める様になっている「金剛改型宇宙戦艦ゆうなぎ」です。

メカコレゆうなぎ
こちらも同じく、下箱を切り取って、ゆうなぎ用の下箱を作る為と、インストが書かれている部
分になります。

メカコレゆうなぎ
パーツの全体像です。

A1・A2・B
の各ランナーパーツ3種が入ってました。

本音を言うと、こういうのは要らないんですよねぇ~・・・。

メカコレは、サイズ違いであんまり買いませんし、それにこれって・・・
量産型戦艦の1隻ですよね? ヤマト買わないと手に入らないというのは、どんなもんなんで
しょうね?

ま、沢山買って、艦隊編成したりしないのであれば、良いんでしょうけど、僕は嫌ですね。。。

嫌と言えば、メカコレでガトランティスの艦艇のうわさが・・・

僕は、何が何でも1/1000シリーズで、出して欲しいんですが・・・どうなることやら・・・。

兎も角、近々プレバンで、アンドロメダ級四番艦が出るそうなので、であれば三番艦は最低出
るでしょうから、今はそれを楽しみに、待っている所ですね。



以上、10月のガンプラ以外の購入分でした。

① HGUC 1/144 RX-77-2 ガンキャノン

今日は、次に組み立てるガンプラを、紹介しようと思います。

ガンキャノン
次回、組み立てて行こうと思うガンプラは、一般販売の「HGUC 1/144 RX-77-2 ガンキャノン」
と、プレバンの「HGUC 1/144 RX-77 ガンキャノン(21stCENTURY REAL TYPE Ver.)」を、組み立
てて行く事に決めました。

ガンキャノンガンキャノン
※左がプレバンので、右が一般販売のになります。
こちらは、箱になります。

ガンキャノンガンキャノン
※右のは、一般販売に入っているインストの中身の解説です。
こちらは、インストです。

左の写真で、一般販売では、左のインストが1枚入っていますが、プレバンのは、左と右のイ
ンストが1枚ずつ入っています。

この機体は、アニメ「機動戦士ガンダム」等に登場する地球連邦軍の試作・量産型MSの1つです。

アニメ等でのガンキャノン等のMSは、その後量産される予定の試作機でしたが、製造コスト
等の問題で、遅々として配備が進まず、後に簡易型として、ジムキャノンが生産されたという
設定等もありました。

今回のキットは、一般販売とプレバンのを一緒に組み立てて行きますが、違いは殆ど色のみで
して、プレバンのはコンパチ仕様で、肩に装備する武装が、240㎜低反動キャノン砲かスプ
レーミサイル・ランチャーかを選択し、組み立てる様ですが、僕は、ガンキャノンはキャノン
砲があってこそガンキャノンと思うので、スプレーミサイル・ランチャーは、一応組み立てで
組み立てて行きますが、今回も最終的(レビュー後)には、キャノン砲に組み直す予定で、行き
たいと思います。

では、パーツを見ていきましょう。

ガンキャノンガンキャノン
※左がプレバンので、右が一般販売のになります。
Aランナーパーツです。

左の暗い小豆色の様なのがプレバンので、右の赤い色のが一般販売のになります。

ガンキャノンガンキャノン
※左がプレバンので、右が一般販売のになります。
B1(右)・B2(左)ランナーパーツです。

今回のキットで一番違いがあるのが、このB1のパーツになります。

左のプレバンのは、スプレーミサイル・ランチャーのパーツが追加され、色はやや暗めの白っ
ぽいパーツで、右の一般販売のは、やや緑がかった白っぽいパーツになります。

ガンキャノンガンキャノン
※左がプレバンので、右が一般販売のになります。
Cランナーパーツは、2枚です。

写真では、分かり辛いんですが、左のプレバンのは、ガンメタ風の灰色で、右の一般販売のは、
普通の灰色のパーツでした。

ガンキャノンガンキャノン
※左がプレバンので、右が一般販売のになります。
Dランナーパーツです。

こちらも、左のプレバンのは、ガンメタ風で、右の一般販売のは、灰色のパーツでした。

ガンキャノンガンキャノン
※左がプレバンので、右が一般販売のになります。
Eランナーパーツ(左)とポリキャップ(右)です。

こちらは、違いは無い様でした。

ガンキャノンガンキャノン
※左がプレバンので、右が一般販売のになります。
シールについては、左のプレバンのは、水転写式デカールで豪華ですが、右の一般販売のは、
マーキングシールで、劇場版に登場した3機の機体番号だけという簡素なシールでした。

以上、「HGUC 1/144 RX-77-2 ガンキャノン」一般販売とプレバンの中身の紹介でした。

それでは、次回以降から他のキットも進めながら、組み立てを始めて行きますので、こちらも
宜しくお付き合い下さい。

㉗ HG 1/144 ザクⅡ C型/C-5型

今回は、残りの各パーツを組み立て、完成させます。

ザクⅡC型
まずは、こちらのパーツです。

このパーツを、

ザクⅡC型
※こちらは、取付けるザクⅡ C-5型のランドセル部分をアップしました。
こちらのタイプの、ランドセル部分の横上に開いている穴に、差し込むと、

ザクⅡC型
の様になります。

続いて、今差し込んだパーツに、MS用バズーカ A2型を取付けると、

ザクⅡC型ザクⅡC型
※左が全体像で、右が取付けた部分をアップした写真です。
の様になりました。

ザクⅡC型
次は、こちらのバズーカ用のマガジン(弾倉)のパーツです。

このパーツを、

ザクⅡC型
本体右腕のシールドに、取付けると、

ザクⅡC型
の様になります。

ザクⅡC型
次は、こちらのヒート・ホークのパーツです。

上のは、手に持たせるヒート・ホークで、下のは、装備用のヒート・ホークです。

まず、手に持たせる方のヒート・ホークを、手に持たせると、

ザクⅡC型
※こちらは「ザクⅡ C型」の左手です。
の様になります。

次は、装備用のヒート・ホークの取付けです。

ザクⅡC型
※こちらは、取付ける「ザクⅡ C-5型」の腰側面部分のアップです。
この本体の、腰側面付近に開いている穴に、装備用のヒート・ホークを取付けると、

ザクⅡC型
の様になりました。

ザクⅡC型
これで、一応一通り「ザクⅡ C型/C-5型」が出来ました。

ただ・・・

ザクⅡC型ザクⅡC型
こんな感じで、まだまだ組み立ててないのが、ありまして・・・

これらを組み立てた後、時間に余裕がある時、完成レビューをしたいと思いますので、
まだ掛かると思いますが、宜しくお願いします。

今回は、以上になります。
プロフィール

Author:ななし
北海道の東に住む30代後半の自称、連邦量産機バカ。
主に1/144のガンプラ好きのななしが、タイトルの如く、パチ組み素組で組み立てた物とかを、呑気にアップしていこうと思って始めました。
そんなブログですが、一つ宜しくお願いします。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プリンのプカップ@エキシビジョン