1/144 HG 「ジム」 パチ組素組み完成!!

今日は先日組み立てた「陸戦型ジム」を紹介します。

陸戦型ジム

陸戦型ジム

陸戦型ジム

陸戦型ジム
前後左右の4枚です。

次に可動の幾つかを紹介します。

陸戦型ジム
マシンガンを持った状態で腕を曲げたところ、直角に曲げる事は出来ない様です。

約75°位かな?

次に他の武器を持った場合の腕の状態です。

陸戦型ジム
ロケットランチャーを持つと、腕を曲げる事すら難しくなります。

これはグリップが可動しない為ですね。

陸戦型ジム
ミサイルランチャーをもった状態です。

こちらはグリップが稼働する為、難なく肘を曲げても、持たせる事が出来ました。

陸戦型ジム
バージョンアップパーツのレール・キャノンを持った状態です。

こちらもグリップが稼働する為、難なく肘を曲げても、持たせる事が出来ました。

ただ、肘の稼働に制限がある為、少し違和感がありますね。

陸戦型ジム
ビームサーベルです。

これは真っ直ぐな棒状ですから全く問題無いですね。

次はシールドについてです。

陸戦型ジム
通常の状態です。

陸戦型ジム
接続部分が少し可動する為、この様な位置に取り付けが可能です。

少々話は変わりますが、ゲーム「機動戦士ガンダム ギレンの野望」シリーズ等では、近接戦闘時、
シールドを武器として使用するシーンがあるのですが、その時の状態がこの状態で殴りつける様
です。

ただ残念な事に、この機構は、HGUCシリーズでは失われます。

陸戦型ジム
※「HGUC RX-79(G) 陸戦型ガンダム」のシールド部分のアップです。
の様に、接続方式が変更になった為です。

ここはアニメの設定通り、変更はして欲しくなかったですね。

ちなみに陸戦型ジムの接続部分は、アニメの設定通りです。

次に胴体の部分で少し、

陸戦型ジム
※左は前に、同じ様に組み立てた陸戦型ジムです。
左と右を見比べると、分かりますね。

このキットは、上部のコクピットハッチが開閉します。

最も、専用の可動軸が設けられている訳ではないので、何回もすると外れやすくなりますが、こ
ういう遊び心があるキットは、僕は嬉しいですね!

陸戦型ジム
こちらは腕の上がり具合になります。

無理すれば右の様に、水平まで上げれる様ですが、普通の接続状態では左の様に、これ位しか上
がりません。

陸戦型ジム
これは足を曲げて座らせてみました。

が、イマイチ膝立ちも苦しい様です。

↓※独自解釈です。
これは、ガンダム平成3部作共通のポリパーツをあえて使った為でしょうね。

元々3部作(G・W・X)のMSのサイズが従来より幾分か小さくなっているんですよ。

大体3部作のMSサイズが16m前後あたりに対して、陸戦型ジムを含むファースト系のMSサ
イズは18m前後辺りにも拘らず、足の関節機構に同じポリパーツを使い、さらにプラパーツで
覆えば稼働に支障を来すのは当然でしょうね。

そのせいもあってか?
後の、旧HGグフカスタムとかの関節機構は、新たなポリパーツが採用された様ですよ。

さて、最後は何枚かポーズをとってみた写真です。

陸戦型ジム
シールドを前に出しながら、銃を構えているイメージです。

撮ってみて思ったんですけど・・・
これだとなんか若干弱弱しく、不安な感じに見える気がしました。

陸戦型ジム
※1枚目とポーズは全く一緒です。
でも撮る角度を変えただけで、随分真っ当な雰囲気になりました(苦笑)。

陸戦型ジム
こちらはシールドアタックし、続けざまにビームサーベルを振り下ろそうとしているイメージと
して撮ってみたんですが・・・
中々決まりませんね(苦笑)。

陸戦型ジム
ミサイルランチャーを「よっこらせ!」と肩に担いで、シールドを左腕にマウントせず、これから
出発(出撃)するイメージです。

陸戦型ジムが活躍したコジマ大隊はガラの悪い愚連隊風の部隊でしたので、こういうのも有りか
な?と思いまして(苦笑)。

以上、1/144 HG RGM-79[G]「ジム」でした。

陸戦型ジム


関連記事

① 1/144 HG RGM-79[G] ジム
② 1/144 HG RGM-79[G] ジム
1/144 HG 「ジム」 パチ組素組み完成

HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)パチ組素組み完成!! ①

今日は、昨日言っていたゼータプラス(テスト機イメージカラー)が全て無事完成しましたので、
紹介します。

まず、前後左右の写真です。

ゼータプラス(テストイメージカラー)

ゼータプラス(テストイメージカラー)

ゼータプラス(テストイメージカラー)

ゼータプラス(テストイメージカラー)

次は、付属パーツ類になります。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
ウェイブライダー形態時に使用するパーツと、ビーム・サーベル2本、右握り手です。

次に、何時も通りちょっと可動をみてみます。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
両腕を上げて水平になるか?みてみました。

が、一応上がるみたいですが、真っ直ぐにはなりませんでした。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
腕は直角には曲げる事が出来ます。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
今回は、キチンと正座が出来ました。

こうしてみると、上半身の可動がイマイチですが、下半身は流石可変機だけあって可動は良好な
様です。

次に、シールドを取り付ける腕の部分をアップしてみました。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
※左側のは左腕・右側のは右腕になります。
この様に、両腕に取り付け穴があります。

ですので、

ゼータプラス(テストイメージカラー)
の様にもし、2機分あれば両腕にシールドを取り付ける事も出来ます。

次は、腰部のサイドアーマーにあるビーム・キャノンをアップしてみました。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
※左側は稼働後・右側は通常の位置です。
この左側の様にビーム・キャノンを動かす事が出来ますので、

ゼータプラス(テストイメージカラー)
の様に、銃口を前に向ける事が出来ます。

大雑把でありますが以上、MS形態時の可動をみてみました。

次は、ポーズを付けて撮ってみた3枚です。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
ビーム・サーベルを2本持たせ、交差させ構えさせてみました。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
こちらは、ビーム・サーベルを2本持たせた別バージョンとして、撮ってみました。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
ビーム・ライフルを持たせて構えさせてみました。

うーん・・・やはりどうもこのキットは、上半身の可動に制約が多い様です。

上半身と下半身の接続にポールジョイントで接続されているものの、殆ど動きません。

腕の稼働についても微妙でしたね・・・
これまで可変機というと、可動部分が多いイメージでしたけど・・・
完全変形から組変え変形にしたからもあるんでしょうかね?

まぁ、変形した旧1/144のZガンダムとかZプラスとかが、この程度の可動って言えば確かにこの
程度でしたけど・・・

HGUCシリーズとしてみると、ちょっと僕は残念かな?

以上、MS形態時のレビューでした。

今日はここまでにします。

ホントは全部載せたかったんですけど・・・
やはり写真が多すぎるので、ウェイブライダー形態時のレビューは次回に持ち越しとします。

ので、次回も宜しくお願いします。



関連記事

① HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
② HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
③ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
④ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
⑤ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
⑥ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
⑦ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
⑧ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)パチ組素組み完成 ①
HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)パチ組素組み完成 ②

HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)パチ組素組み完成!! ②

さて今日は、昨日に引き続き、ゼータプラス(テスト機イメージカラー)パチ組素組み完成第2弾
として、ウェイブライダー形態時の紹介をします。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
まずこちらは、ゼータプラス本体と武器とウェイブライダー形態時に使うパーツ一式です。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
本体からウェイブライダー形態時使うパーツを全て外しました。

それでは、「ウェイブライダー形態への変形」のインストに沿って、紹介していきます。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
本体からのパーツ外しがインストの1番で、2番がこの写真の中央にあるウェイブライダー形態
時に使うパーツの組み立てでしたので、こちらのは、インスト3番に使うパーツになります。

これらのパーツを組み立てると、

ゼータプラス(テストイメージカラー)
の様になります。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
※インスト4・5番は、本体から取り外した腕の変形の説明でしたが、肩関節の軸を上に上げる
だけですので、省いています。
インスト6番で使うパーツです。

これらのパーツを組み立てると、

ゼータプラス(テストイメージカラー)
の様になります。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
インスト7番で使うパーツです。

これらのパーツを組み立てると、

ゼータプラス(テストイメージカラー)
の様になります。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
次のインスト8番は、本体から取り外した足の変形の説明になります。

上が変形前、下が変形後になります。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
インスト9番で使うパーツです。

これらのパーツを組み立てると、

ゼータプラス(テストイメージカラー)
の様にウェイブライダー形態が完成します。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
これは、ウェイブライダー形態時に使わないパーツです。

頭・胴体・腰関節の一部・肩アーマー2つが、あまります。

そうそう、忘れる所でした。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
ウイング部分にあるビーム・ライフルを取り付ける部分です。

ここに下で少し映っているビーム・ライフルを取り付けて完成します。

それでは、ウェイブライダー形態での前後とかを、みていきますね。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
左側を撮影しました。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
前です。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
後になります。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
上からみた状態です。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
下からみた状態です。

これだと、ちょっとビーム・キャノンの肉抜き穴が目立つかな?

さて、以上がゼータプラス(テスト機イメージカラー)のMS形態からウェイブライダー形態への
変形になりました。

次からの写真は、僕がこのゼータプラスを購入して一番やってみたかった事です(笑)。

全て同じ配置の写真になりますが、撮る方向を変えて何枚か撮りましたので、紹介します。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
上からみた3機編成のデルタ編隊になります。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
斜め横からみた感じとして撮りました。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
斜め前からみた感じです。

ゼータプラス(テストイメージカラー)
最後は、斜め後からみた感じのです。

どうでしょ?
やはりZ系は可変機で、変形したら戦闘機形態にになりますから、今回編隊飛行で楽しみたかっ
たので、3機購入し、組み立てて撮りました。

編隊飛行は他にも色々ありますけど、僕はこの3機で三角の形になるデルタが好きなんですよ。

4機になれば、ダイヤモンドとかアローヘッドとか有名と思いますが、MS部隊の小隊編成が、
3機編成が一般的ですし、ウェイブライダー形態時で編隊を組ませるなら、バランスが良いこの
デルタが一番かな?と僕は思っています♪

それでは最後に、MS形態時の2機と、ウェイブライダー形態時の1機とのショットで、締めく
くりますね。

今回も見て頂き、ありがとうございました。

ゼータプラス(テストイメージカラー)



関連記事

① HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
② HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
③ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
④ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
⑤ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
⑥ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
⑦ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
⑧ HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)
HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)パチ組素組み完成 ①
HGUC 1/144 ゼータプラス(テスト機イメージカラー)パチ組素組み完成 ②

HGUC 1/144 ドラッツェ改パチ組素組み完成!!

今日は、完成した「ドラッツェ改」を紹介します。

まず、前後左右の写真です。

ドラッシュ改

ドラッシュ改

ドラッシュ改

ドラッシュ改

次は、付属パーツ類になります。

ドラッシュ改
ガトリング・ガンとビーム・サーベルの刃2本です。

ドラッシュ改
オマケとして、90㎜マシンガン、ヒート・ホーク、ハンド・グレネードです。

一部腰に付けれるかな?と思ったんですけど、無理でした。

次は、少し可動をみてみます。

※見やすくなるかと思い、一部パーツを取り外しながら説明します。

ドラッシュ改
※手は、今回付属のパーツに変えています。
両腕を上げて水平になるか?みてみました。

残念ながら、御覧の通り肩が干渉して上げれませんでした。

ドラッシュ改
腕は直角には曲げる事が出来る様です。

次は、各武器を、持たせてみます。

ドラッシュ改
こちらは「ザク・マシンガン」です。

ドラッシュ改
こちらは「ガトリングガン」です。

ドラッシュ改
これはオマケの「90㎜マシンガン」です。

ドラッシュ改
同じくオマケの「ヒート・ホーク」です。

其々、パーツに干渉する事なく、持たせる事が出来ました。

次は、シールドの取り付けに付いて説明します。

ドラッシュ改
こちらは、腕の部分をアップしました。

肘部分の穴に、シールド用のジョイントを取り付けシールドを取り付けます。

ドラッシュ改
の様にもし、2機分あれば両腕にシールドを取り付ける事も出来ます。

ドラッシュ改
こちらは、シールド用のジョイント部分のアップです。

取り付け箇所は、2箇所ありますので、向きを変えたりすると、

ドラッシュ改
の様に取り付ける事が出来ます。

次は、ビームサーベルの取り付けです。

ドラッシュ改
の様にシールド裏に取り付ける箇所がありまして、

ドラッシュ改
の様な感じに、取り付ける事が出来ます。

次は、下半身の足にあたる部分にある「プロペラント・タンク」の可動を見てみます。

接続には、ボールジョイントが使われているので、

ドラッシュ改
の様に、前に足を出した様な感じに、もっていく事が出来たり、

ドラッシュ改
の様に、大きく移動させる事が出来ます。

次は、ポーズを付けてみようと思いますが、今回のスタンドは自由なポージングが出来ない為、
完成した2機並べて、2枚ほど撮ってみました。

ドラッシュ改
左はガトリングガンを両手で構えて、右は標準装備で「ビーム・サーベル」を取り付けてみました。

ドラッシュ改
こちらは、標準装備の2機で、スタンドの長さを変えて撮ってみました。

以上、プレバンのHGUC 1/144 「ドラッツェ改」のパチ組み素組みレビューでした。

今回も見て頂き、ありがとうございました。


・・・最後にオマケです(笑)

ドラッシュ改
※下半身の「プロペラント・タンク」を「ザクⅡF2」の脚部に変更してみました。



関連記事

① HGUC 1/144 ドラッツェ改
② HGUC 1/144 ドラッツェ改
③ HGUC 1/144 ドラッツェ改
④ HGUC 1/144 ドラッツェ改
⑤ HGUC 1/144 ドラッツェ改
HGUC 1/144 ドラッツェ改パチ組素組み完成

HGUC 1/144 MS-06FZ ザクⅡ改パチ組素組み完成!! 

今日は、昨日言っていたザクⅡ改が・・・無事?完成しましたので、紹介します。

まず、前後左右の写真です。

ザクⅡ改

ザクⅡ改

ザクⅡ改

ザクⅡ改

次は、付属パーツ類になります。

ザクⅡ改
左から、ヒート・ホーク、その本体への接続パーツ、ザクBタイプ(フリッツヘルム仕様)用の
頭部、左平手です。

次に、何時も通りちょっと可動をみてみます。

ザクⅡ改
両腕を上げて水平になるか?みてみました。

御覧の通り、右腕は水平に近い辺りまで上げる事が出来る様ですが、左腕はスパイクアーマー
が干渉して、上げる事が出来ませんでした。

ザクⅡ改
腕は直角には、曲げる事が出来ます。

ザクⅡ改
足の可動ですが、これ位しか曲げる事が出来ませんでした。

ザクⅡ改
90°位は曲げれる様なので、椅子に座った感じには出来るみたいです。

最も、この「ザクⅡ改」最大のウリは、やはり、

ザクⅡ改
の様に、自然な感じに座った状態を再現出来る事です。

次は、頭部です。

ザクⅡ改
こちらは、通常の頭部をアップしています。

この頭部を、ザクBタイプ(フリッツヘルム仕様)に変更すると、

ザクⅡ改
の様になります。

次は、武器に付いてです。

が、まず箱絵の写真をご覧下さい。

ザクⅡ改

箱絵の右手に注目して下さい。

箱絵では、右手は握り拳になっているのですが、

ザクⅡ改
このプラモでは、右手は銃を持つ形状の右手しか無く、箱絵の様な右手握り拳が無いのです。

ですので、箱絵の様に「ヒート・ホーク」を持たせようとすると、

ザクⅡ改
の様に微妙な感じになってしまいます・・・

ま、これはこれでも良いんですけど、やはり右手握り拳は入っていて欲しかったです。

ザクⅡ改
手前のマシンガンが、「ザクⅡ改」のマシンガンなのですが、奥のマシンガンは、設定上同一の
マシンガンのはずなのですが、見比べると・・・明らかに、「ザクⅡ改」の方が大きいんですよ。

今回比較用に持ってきたのは、この間組み立て終わった「ドラッツェ改」のオマケですが、この
マシンガンは、他のHGUCシリーズの機体にも採用されていて、サイズが統一されてきたのです
が、何故か「ザクⅡ改」では大型化してしまっているんですよ。。。

ま、アニメでの設定では、これ位の大きさなので仕方が無いのかもしれませんが、やはり僕と
しては、サイズが違うのはどうも、好きではないので、前回の「ドラッツェ改」で、組み立てて
置いたオマケのマシンガンに交換する事にしました。

※比較用として、90㎜マシンガンを携帯しているガンプラを持ってきました。
ザクⅡ改
※交換前のマシンガンの比較です。

ザクⅡ改
※交換後のマシンガンの比較です。

どうでしょうか?
このマシンガンだと、グレネード装備無しになってしまいますが、僕としては統一感があって
いいとおもうんですけどね(笑)。

そうそう、ヒート・ホークを忘れる所でした。

ザクⅡ改
こちらは、腰の後の写真になります。

中央の穴に、本体への接続パーツを取り付け、

ザクⅡ改
の様にヒート・ホークを装備する事が出来ます。

そして、何時も通り最後は、ポーズを付けて撮ってみた写真を紹介したいと思うのですが・・・

ザクⅡ改

・・・写真を撮ってる際にやらかしてしまいました。。。

上記の写真は、左腕の関節パーツでして・・・折ってしまいました。。。

ですので、ポーズ付けは中途半端な写真になってしまいました(泣)。

ザクⅡ改

ザクⅡ改
昔の箱絵をモチーフにしてみました。

以上、HGUC 1/144 MS-06FZ ザクⅡ改のパチ組み素組みレビューでした。

今回は、残念な事になってしまいましたが、今回も見て頂き、ありがとうございました。



関連記事

① HGUC 1/144 MS-06FZ ザクⅡ改
② HGUC 1/144 MS-06FZ ザクⅡ改
③ HGUC 1/144 MS-06FZ ザクⅡ改
④ HGUC 1/144 MS-06FZ ザクⅡ改
⑤ HGUC 1/144 MS-06FZ ザクⅡ改
⑥ HGUC 1/144 MS-06FZ ザクⅡ改
⑦ HGUC 1/144 MS-06FZ ザクⅡ改
HGUC 1/144 MS-06FZ ザクⅡ改パチ組素組み完成
プロフィール

Author:ななし
北海道の東に住む30代後半の自称、連邦量産機バカ。
主に1/144のガンプラ好きのななしが、タイトルの如く、パチ組み素組で組み立てた物とかを、呑気にアップしていこうと思って始めました。
そんなブログですが、一つ宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる