1/144 VF-1A 一般機(ファイター)+(バトロイド)=「ガウォークモード」パチ組素組み完成!!

※今回完成した「トミーテック」の「技MIX」シリーズは、「塗装済みキット」です。

さて今日は、昨日レビューした「バトロイドモード」に引き続き、今回はその「バトロイドモード」
と、この間完成した「ファイターモード」とを組み合わせた「ガウォークモード」を紹介します。

VF-1A
まず、「バトロイドモード(左)」と「ファイターモード(右)」を用意しました。

VF-1A
次に、「バトロイドモード」から「ガウォークモード」に必要なパーツを取り外します。

VF-1A
この様に、8個のパーツに分けます。

VF-1A
次に、ガウォークモード時に使用するパーツを新たに取り付けます。

VF-1A
の様になります。

VF-1A
次は、「ファイターモード」から「ガウォークモード」に必要なパーツを取り外します。

まず、機首から主翼と接続している胴体パーツをスライドさせると、

VF-1A
本体と尾翼の間に隙間が出来ているのは、お分かり頂けるでしょうか?

この様にスライドさせると、ロック機構が外れまして、

VF-1A
この様にパーツを外す事が出来ます。

VF-1A
次に、ガウォークモード時に使用するパーツを新たに取り付けます。

VF-1A
の様になります。

VF-1A
そして、「バトロイドモード」から持ってきた両腕と両足のパーツと、「ファイターモード」から
持ってきた、胴体パーツを取り付けると、

VF-1A
の様になります。

VF-1A
最後に、「バトロイドモード」から持ってきた尾翼パーツを取り付けると、

VF-1A
の様に「ガウォークモード」が出来ました。

次は、スタンドの組み立てです。

VF-1A
これらを組み立てると、

VF-1A
の様にスタンドが出来ました。

次は、完成した「ガウォーク」をスタンドに取り付け、前後左右などの写真で見ていきましょう。

VF-1A
前です。

VF-1A
左です。

VF-1A
後です。

VF-1A
右です。

今回組み立てて感じた事は、凄く精密な繊細なキットだなと思いました。

主な可動軸には、ボールジョイントやポリパーツが使われていましたが、ガンプラの様に、
ガシガシ動かして遊ぶ事の出来るキットでは、無い様ですね。

また大きさは、「ファイター」「バトロイド」とも約10㎝位と小ささもありますけど、凄く軽いです。

触っただけで壊れそうな感じでして、組み換えが怖かったですね(笑)。

さて、何時も通り何枚か撮った写真で、締めくくりますね。

今回も見て頂き、ありがとうございました。

VF-1A
斜め下から、空から舞い降りた感じのつもりです。

VF-1A
パイロットがカメラ目線に向いてたので(笑)。

VF-1A
ミサイル・ガンポッドを装備しました。

VF-1A
最後は、「バトロイド(左)」と「ファイター(右)」で、以上です。



関連記事

1/144 VF-1A 一般機 ファイターモード パチ組素組み完成
1/144 VF-1A 一般機 バトロイドモード パチ組素組み完成
プロフィール

Author:ななし
北海道の東に住む30代後半の自称、連邦量産機バカ。
主に1/144のガンプラ好きのななしが、タイトルの如く、パチ組み素組で組み立てた物とかを、呑気にアップしていこうと思って始めました。
そんなブログですが、一つ宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる