1/144 VF-1A 一般機 バトロイドモード パチ組素組み完成!!

※今回完成した「トミーテック」の「技MIX」シリーズは、「塗装済みキット」です。

今日は、「VF-1A 一般機 バトロイドモード」が完成しましたので、紹介します。

まず、前後左右の写真で見ていきましょう。

VF-1A
前です。

VF-1A
左です。

VF-1A
後です。

VF-1A
右です。

次に、何時も通りちょっと可動をみてみます。

VF-1A
両腕を上げて水平になるか?みてみました。

が、腕の肩の部分では、ここまでしか上がりませんでした。

VF-1A
ですが、この様に肩ごと動かす事が出来る為、なんとか水平にする事は出来ます。

VF-1A
腕は直角には曲げる事が出来ます。

VF-1A
次は、ファイター時「主翼」だった翼の可動です。

バトロイド時はこの様に、後で畳まれている様な状態になっており、
主翼部分のみ開く事が出来ます。

VF-1A
の様に可動します。

次は足の稼働を、

VF-1A
足の可動は、これ位しか曲げる事が出来ませんでした。

ですが、

VF-1A
この様に、逆の方向に曲げる事が出来ます。

VF-1A
こちらは頭部ですが、頭の上のアンテナの様な突起物は、「レーザー機関砲」で、

VF-1A
の様に可動させる事が出来ます。

次は、ポーズを付けて何枚か写真に撮ってみました。

VF-1A
バルキリーにはどんなポーズとらせればいいのか?
と思ったので、まずは「ファイティングポーズ」をとらせてみました。

確か・・・
アニメでは、巨人異星人とバルキリーが肉弾戦をしてた様な気がしましたので。

VF-1A
アップで撮ってみました。

VF-1A
箱絵を真似て撮ってみました。

VF-1A
アップです。

VF-1A
銃を持ってますので、ガンポッドを構えた所です。

VF-1A
こちらもアップです。

以上、「VF-1A 一般機 バトロイドモード」のレビューでした。

次回は、今回組み立てた「バトロイドモード」と、この間組み立てた「ファイターモード」
とを、組み合わせる事で完成する「ガウォークモード」のレビューをしますので、其方も
宜しくお願いします。



関連記事

1/144 VF-1A 一般機 ファイターモード パチ組素組み完成
① 1/144 VF-1A 一般機 バトロイドモード
② 1/144 VF-1A 一般機 バトロイドモード
③ 1/144 VF-1A 一般機 バトロイドモード
1/144 VF-1A 一般機 バトロイドモード パチ組素組み完成

③ 1/144 VF-1A 一般機 バトロイドモード

※今回組み立てるキットの、「トミーテック」の「技MIX」シリーズは、「塗装済みキット」です。

今日は、前回に引き続き胴体のパーツから、最後まで組み立てていきます。

まず組み立てる前に、こちらのインストを見て下さい。

VF-1A
インストでは、ディスプレイスタンド用のパーツ(G6)と、通常のパーツ(G4)のどちらかを選択し
て組み立てる様になっていますが、ディスプレイスタンド用パーツは、後ろの穴がまともに貫通
してあったので、僕は通常のパーツを使う事にしました。

VF-1A
インスト8番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様になりまして、

VF-1A
次に、前回インスト7番(上)で組み立てたパーツに、今組み立てたパーツを取り付けると、

VF-1A
の様に胴体が出来ました。

VF-1A
インスト9番で使うパーツです。

これらを組み立てる前に、一手間加えました。

上のアンテナの様なパーツは、挟みこんだ後、動かす事が出来るパーツなのですが、そのまま
挟むと固く、動かす事が難儀でしたので、軸の部分を「デザインナイフ」で下地が見える位まで
削りました。

中央左にある小さな「グリーン」のパーツは「クリアパーツ」でしたので、裏をガンダムマーカー
(シルバー)で塗りました。

これらの事をしてから組み立てると、

VF-1A
の様に頭部が出来ました。

VF-1A
インスト10番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様にバックパックが出来ました。

VF-1A
インスト11番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様に手持ちガンポッドが出来ました。

VF-1A
インスト12番で使うパーツです。

上は9番で組み立てた「頭部」で、その下が8番で組み立てた「胴体」です。

そして、胴体の両側にあるパーツは、左側が2番で組み立てた「右腕」で、右側が1番で組み立
てた「左腕」になり、また胴体の下にあるパーツは、左側が6番で組み立てた「右足」で、右側が
5番で組み立てた「左足」になります。

そして、右足の右側にあるパーツは、11番で組み立てた「ガンポッド」です。

これら各部を取り付けると、

VF-1A
の様になります。

VF-1A
インスト13番で使うパーツです。

左が12番で組み立てた物で、右が10番で組み立てた「バックパック」です。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様になりまして、完成です。

これで、「VF-1A 一般機 バトロイドモード」の組み立ては、全て終わりました。

次回、「VF-1A 一般機 バトロイドモード」の完成レビューをしますので、宜しくお願いします。

今日はこれにて、以上になります。

② 1/144 VF-1A 一般機 バトロイドモード

※今回組み立てるキットの、「トミーテック」の「技MIX」シリーズは、「塗装済みキット」です。

今日は、両手、両足、胴体の一部まで、組み立てていきます。

VF-1A
インスト1番で使うパーツです。

これらを組み立てていくのですが、その途中一手間です。

VF-1A
こちらは、肩部分です。

この下部分の軸をそのまま腕に填めると固く、可動させて遊ぶ際、折れそうだったので、
紙やすり等で、ゆるゆるにならない程度やすり掛けしてから組み立てまして、

VF-1A
の様に左腕が出来ました。

VF-1A
インスト2番で使うパーツです。

こちらも先程と同じく、軸をやすり掛けしてから組み立てると、

VF-1A
の様に右腕が出来ました。

VF-1A
インスト3番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

VF-1A
インスト4番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

VF-1A
※中央上は、インスト3番で組み立てたパーツです。
インスト5番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様に左足が出来ました。

VF-1A
※中央上は、インスト4番で組み立てたパーツです。
インスト6番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様に右足が出来ました。

以上両足の組み立てでしたが、この足も組み立てる際、3・4番のパーツを取り付ける
軸の部分を、やすり掛けしてから、組み立てています。

VF-1A
インスト7番で使うパーツです。

こちらも組み立てる前に、一手間加えました。

中央付近にある「オレンジ」のパーツは「クリアパーツ」でしたので、裏をガンダムマーカー
(シルバー)で塗りました。

それと、右側の翼のパーツの可動部分の穴も、紙やすりでやすり掛けしました。

これらの事をしてから組み立てると、

VF-1A
の様に胴体の一部が出来ました。

今日は以上になります。

① 1/144 VF-1A 一般機 バトロイドモード

※今回組み立てるキットの、「トミーテック」の「技MIX」シリーズは、「塗装済みキット」です。

さて今回は、前回組み上げた「VF-1A 一般機 ファイターモード」に続き、同キットの別バー
ジョンでもある「VF-1A 一般機 バトロイドモード」を、組み立てていく事にします。

VF-1A
※右が箱の表で、正面が箱の裏になります。

VF-1A
この機体は、前回と同じく、アニメ「超時空要塞マクロス」等に登場した統合軍の、可変戦闘機
「バルキリー」の一般機仕様です。

バルキリーは本来、3段変形の可変戦闘機ですが、このキットでは、3段変形の内、バトロイド
(人型)形態のみを再現したキットです。

今回は、前回の続きみたいなものなので、さっさと進みますね(笑)。

さて、同じくパーツを見ていきましょう。

VF-1A
左からB1・D1・D2・E1のランナーパーツです。

VF-1A
左上がFと、左下がGで右上がJと、右下がKのランナーパーツです。

VF-1A
左上がLと、右上がOで下がPCのランナーパーツです。

VF-1A
上がVで下がV1のランナーパーツです。

VF-1A
左がWで右がXのランナーパーツです。

VF-1A
こちらは、残りのランナーパーツではない、パーツになります。

このペースだと、なんとか予定通り今月中には、完成できるかな?

それでは、次回から組み立てを始めますので、今回も宜しくお付き合い下さい。

1/144 VF-1A 一般機 ファイターモード パチ組素組み完成!!

※今回完成した「トミーテック」の「技MIX」シリーズは、「塗装済みキット」です。

今日は、VF-1A 一般機 ファイターモードが完成しましたので、紹介します。

まず、前後左右などの写真で見ていきましょう。

VF-1A
前です。

VF-1A
左横です。

VF-1A
後です。

VF-1A
右横です。

VF-1A
上からのです。

VF-1A
下からのです。

次は、各ギミックを、

VF-1A
まず、主翼を可動させる為、「ミサイル・ガンポッド」を外しました。

主翼は後の方に下げる事が出来ます。

VF-1A
の様に可動し、コンパクトな形になります。

次は、エンジンノズルの可動を、

VF-1A
の様な状態から、

VF-1A
の様に、開く事が出来ます。

少々分かり辛いかと思いましたので、斜め横から撮ってみました。

VF-1A
手前が閉じてる状態で、奥のが開いてる状態になります。

VF-1A
こちらは、下部にある「レーザー機関砲」です。

中央にあるアンテナの様な突起物が「レーザー機関砲」の銃身になります。

VF-1A
の様に、銃身を可動させる事が出来ます。

VF-1A
このキットは、もう一つ別の「バトロイドモード」というキットのパーツを使用する事で、
「ガウォークモード」に組み替える事が出来るのですが、その場合パーツを分解するので、

VF-1A
の様に、3つのパーツに分解する事が出来ます。

ただ、「ガウォークモード」では、「コクピットブロック」を分解する必要はありません。

使わないのは左側のパーツですが、今回はまだ、「バトロイドモード」のキットを組み立てて
いませんので、「ガウォークモード」はお預けとします(笑)。

次に、大きさの比較として、ちょっとお遊びを、

VF-1A
「VF-1」は、アメリカ海軍の「F-14」戦闘機の可変翼からヒントを得て、デザインされたとあっ
たので、僕の玩具箱から、「食玩」の同スケールの「F-14」を持ってきました。

今まで、ガンプラばかり組み立ててましたから、「VF-1」は大きさを改めて認識出来ました。

随分と小さかったんですね(苦笑)~

小さいという事で、もう一個比較と思いまして、

VF-1A
ガンプラのボールに登場して貰いました(笑)。

・・・ボールデカイなぁ(苦笑)、「ガシッ!!」

VF-1A
ボール如きに捕まってしまいました(笑)。

しかし、改めて思うと・・・
マクロスに登場する可変戦闘機である「VF-1」は、この小ささで、3弾変形し、レーザー兵器
を内臓するんですよね?

ギミックやら設定を考えた方は、凄いものを生み出しまたよね!

さて、何時も通り何枚か写真にとって、最後は比較用に持ってきたアレコレと一緒に撮った
写真で締めくくりますね。

今回も見て頂き、ありがとうございました。

VF-1A

VF-1A

VF-1A
以上でした(笑)。



関連記事

① 1/144 VF-1A 一般機 ファイターモード
② 1/144 VF-1A 一般機 ファイターモード
③ 1/144 VF-1A 一般機 ファイターモード
1/144 VF-1A 一般機 ファイターモード パチ組素組み完成

③ 1/144 VF-1A 一般機 ファイターモード

※今回組み立てるキットの、「トミーテック」の「技MIX」シリーズは、「塗装済みキット」です。

今日は、枚数が多くなりますが、最後まで組み立てていく事にします。

VF-1A
インスト7番で使うパーツです。

左上は、1番で組み立てた「コクピットブロック」で、その隣が6番で組み立てたパーツです。

その隣は、3番で組み立てた「尾翼部」のパーツで、下中央のが2番で組み立てたパーツです。

これらのパーツを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

さて、次の組み立てに行くんですが、

VF-1A
インストでは、タイヤを出した状態と、飛行中の状態を選択して組み立てる事になりまして、
僕は、こういう航空機模型は、遊ぶ為にも「飛行姿勢」で組み立てていく事にしてるので、今回
のも、「飛行姿勢」を選択し、組み立てていく事にしました。

VF-1A
インスト8番の「飛行姿勢」で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

VF-1A
インスト9番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様に「ガン・ポッド」が出来ました。

VF-1A
インスト10番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
※こちらの「ガン・ポッド」は、スタンド接続用になります。
の様に「ガン・ポッド」が出来ました。

インスト11番は、「ミサイル・ガンポッド」の組み立てと、翼への接続です。

VF-1A
「ミサイル・ガンポッド」を組み立てるのに使うパーツです。

これらを其々4個ずつ組み立てると、

VF-1A
の様に「ミサイル・ガンポッド」が4個ずつ出来ました。

VF-1A
次は取り付けです。

VF-1A
の様になります。

VF-1A
インスト12番で使うパーツです。

組み立てる前にちょっと、

VF-1A
パイロットです。

小さいのに、初めっから彩色されて凄いですね~
でもなんか違う気が・・・

でパイロットスーツを調べてみた所、前期型の様なんですね。

黒い部分は、ベルトか?なんか?なんででしょうけど、塗りつぶされて、チョッキみたいに
なってしまってるんでしょうね?

でも市販品で、ここまで塗られていると凄いもんだなぁ~と感心させられました。

さて、このパイロットも含めて組み立てると、

VF-1A
の様になります。

次は、スタンドの組み立てです。

VF-1A
スタンドに使うパーツです。

上のは、インスト10番で組み立てた「スタンド接続用ガン・ポッド」です。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

次に取り付け部分です。

VF-1A
中央の穴に取り付けると、

VF-1A
の様に、機体とスタンドが接続します。

また、9番で組み立てた「ガン・ポッド」も、

VF-1A
の様に取り付ける事が出来ます。

これで、「VF-1A 一般機 ファイターモード」の組み立ては、終わりました。

次に、今回はまだ使いませんが、「ガウォークモード」時に使うパーツの組み立てです。

VF-1A
インスト15番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

これで、本当に全ての組み立ては、終わりました。

次回、「VF-1A 一般機 ファイターモード」の完成レビューをしますので、宜しくお願いします。

今日は長くなりましたが、以上になります。

② 1/144 VF-1A 一般機 ファイターモード

※今回組み立てるキットの、「トミーテック」の「技MIX」シリーズは、「塗装済みキット」です。

今日からトミーテックのマクロスシリーズ「VF-1A 一般機 ファイターモード」を組み立てて
いく訳ですが、まず道具でもと、

VF-1A
のを用意してから組み立てを始めました。

この他の道具は、何時ものニッパーとデザインナイフです。

さて、何時もの通り、インストに沿って組み立てていこうと思います。

まず、インスト1番で組み立てるパーツですが、2回に分けて紹介します。

まずはこちら、

VF-1A
これらを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

次にこちらの、

VF-1A
パーツを組み立てるのですが・・・
さすがに最近のバンダイと違い、接着剤無しでは組み立てられませんね。

今回僕のは合いもイマイチでしたし(苦笑)。。。

とまぁ、組み立てると、

VF-1A
の様になります。

これ以降は、何時も通りの組み立てです。

VF-1A
インスト2番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

VF-1A
インスト3番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

さて、次インスト4番の組み立てにいく訳ですが、インストの説明を見ると、

VF-1A
パーツZ1・Z2は、お好みで付けて下さいとありましたので、僕はZ1を選択して、
ガンダムマーカー(シルバー)で塗り、組み立てていく事にしましたが・・・
先に言っときます。

この後、バトロイド(人型形態)のインスト見たんですが・・・
どうやらここのパーツは、バトロイドではZ2の形のパーツでして・・・
早まったかなぁ~と、ちょっと後悔しています(苦笑)。

さて、気を取り直して、組み立てを再開します。

VF-1A
※写真撮る時、パーツの置き方にちょっと失敗があります。

インスト4番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

VF-1A
インスト5番で使うパーツです。

そうそう、こちらのパーツの置き方が、僕が本来意図して置きたかった置き方です。

如何にバンダイのインストが、「懇切丁寧」な仕様なのだなと改めて認識しました(笑)。

それと、別にトミーテックのインストが「不親切」と言ってる訳ではないですよ。

単に僕が気を緩んでミスっただけですので(苦笑)、すいません。

それで、これらを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

VF-1A
インスト6番で使うパーツです。

上下のパーツは、上が5番、下が4番で組み立てたパーツです。

これらを組み立てると、

VF-1A
の様になります。

今日は以上です。

普段は組み立てるだけだけど、接着剤とか合いが悪かったとか、久しぶりに模型を作ってる
感じがして、僕としては楽しいキットでした♪

① 1/144 VF-1A 一般機 ファイターモード

※今回組み立てるキットの、「トミーテック」の「技MIX」シリーズは、「塗装済みキット」です。

今までガンプラのみ組み立ててましたが、今回は、バンダイのガンプラシリーズではなく、
トミーテックのマクロスシリーズを組み立てていく事に決めました。

VF-1A
※上が箱の表で、下が箱の裏です。

VF-1A
この機体は、アニメ「超時空要塞マクロス」等に登場した統合軍の、可変戦闘機「バルキリー」の
一般機仕様です。

バルキリーは本来、3段変形の可変戦闘機ですが、このキットでは、3段変形の内、ファイター
(航空機)形態のみを再現したキットです。

今回、1/144で航空機と人型形態が出たんで、購入したんですが・・・
ハッキリ言って僕は、マクロスについては知らないんですよね(苦笑)。

昔、アニメで見ましたが、子供の僕にはチンプンカンプンでして、アイドル?なにそれ?
でしたんで(苦笑)・・・イマイチ理解できず、そのうち最後、なんだかんだで敵と和解して
終わった感のアニメだったんですよ(苦笑)。

今となっては、最後和解する理解しあえるっていうんですかね?
大雑把に言って、良いアニメですよ(笑)♪

さて、パーツを見ていきましょう。

VF-1A
左がAと、右がBのランナーパーツです。

VF-1A
左がCと、右上からD・D1・D2のランナーパーツです。

VF-1A
左がF1と、右上がMと、右下がNのランナーパーツです。

VF-1A
上がPと、2番目がQで最後がQ1のランナーパーツです。

VF-1A
左上がRと、左下がSで右上がS1と、右下がTのランナーパーツです。

VF-1A
上がZと、下がPC-1のランナーパーツです。

VF-1A
こちらは、残りのランナーパーツではない、パーツになります。

今回このキットを組み立て様と思ったのは、最近発売したというよりも、偶には、ガンプラ
ばかり組み立ててましたから、息抜も兼ねて、久しぶりに他のキットも楽しもうと思ったの
が一番ですね。

それと・・・今後ひと月ずつこのシリーズが増えていくのは確実なので、消化しとかないと
なぁ~っていうのもありますけどね(苦笑)。

では、そんな事で、次回から組み立てを始めますので、今回も宜しくお付き合い下さい。

HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ パチ組素組み完成!!

今日は、昨日言っていたジム・スナイパーⅡが全て無事完成しましたので、紹介します。

まず、前後左右の写真です。

ジム・スナイパーⅡ

ジム・スナイパーⅡ

ジム・スナイパーⅡ

ジム・スナイパーⅡ

次は、付属パーツ類になります。

ジム・スナイパーⅡ
上から順に、「ドラケンE」とそのパーツ、ビーム・サーベルの刃2本、下左から、右握り手、
ブルパップ・マシンガンとその持ち手、左開き手です。

ジム・スナイパーⅡ
「ドラケンE」の可動部は、腕の接続軸のみなので、腕を上げたり回したりしかできません。

次は、「ドラケンE」の大きさがどれくらいなのか?
みてみました。

ジム・スナイパーⅡ
「ジム・スナイパーⅡ」との大きさでは、「ドラケンE」は、足のすねよりちょっと上位でしょうか?
後・・・参考として、僕の玩具箱から「1/144 自衛隊名鑑 73式トラック」を持ってきました。

これなら、日本の自衛隊のトラックですので、見掛けた事あるでしょうし、対比に使うには、丁度
いいかな?と思いまして(笑)。

次に、何時も通り「ジム・スナイパーⅡ」の可動をちょっとみてみます。

ジム・スナイパーⅡ
両腕を上げて水平になるか?みてみました。

問題無い様でした。

ジム・スナイパーⅡ
腕は直角には曲げる事が出来ます。

次は、各武器を、持たせてみます。

ジム・スナイパーⅡ
これは「ブルパップ・マシンガン」です。

ジム・スナイパーⅡ
こちらは「狙撃用ライフル」です。

ジム・スナイパーⅡ
こちらは「ビーム・サーベル」です。

次は足の稼働を、

ジム・スナイパーⅡ
足の可動ですが、これ位しか曲げる事が出来ませんでした。

でも「ジム・コマンド」の時よりは、足首の関節が動く様です。

ジム・スナイパーⅡ
※左は前に、組み立てた「ジム・スナイパーⅡ」です。
左と右を見比べると、お分かり頂けますか?

この様に、頭部バイザー部分が上下に可動するギミックがあります。

次は、ポーズを付けて撮ってみた3枚です。

ジム・スナイパーⅡ
真正面で銃を構えさせてみました。

ジム・スナイパーⅡ
ビーム・サーベルを2本とも持たせてみました。

スナイパー系に近接武器はあまり合わないかな(苦笑)?

ジム・スナイパーⅡ
シールドを装備した状態で、片膝立ちでライフルを構えさせてみました。

以上が、HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡのレビューな訳ですが・・・

これだけでは終わりませんよ(笑)。

「ジム・スナイパーⅡ」には、ポケ戦の他に、プレバンのとかビルドシリーズとかの
バリエーションがあるんですけど・・・

その2種には、元のパーツが入っていたりしますので・・・
こんなのを、組み立ててみました。

ジム・スナイパーⅡ
ビルドファイターズに登場する「ジムスナイパーK9」を普通の「ジム・スナイパーⅡ」として、
組み立てました。

ジム・スナイパーⅡ
前にプレバンで販売した「ホワイト・ディンゴ隊仕様」を普通の「ジム・スナイパーⅡ」として、
組み立てました。

残念ながら、シールドは通常のパーツが入ってなかったので、専用の物です。

それでは最後に今回組み立てた3機と、昔組み立てた2機に、比較用のトラックとドラケンE
の集合ショットで、締めくくりますね。

今回も見て頂き、ありがとうございました。

ジム・スナイパーⅡ



関連記事

① HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ
② HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ
③ HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ
④ HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ
⑤ HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ
⑥ HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ
⑦ HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ
⑧ HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ
⑨ HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ
⑩ HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ
⑪ HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ
HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ パチ組素組み完成

⑪ HGUC 1/144 ジム・スナイパーⅡ

今日は「ジム・スナイパーⅡ」の目玉?の付属品でもあるMMS(ミドル・モビルスーツ)
「ドラケンE」を組み立てていきます。

ジム・スナイパーⅡ
インスト43番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

ジム・スナイパーⅡ
の様に右足が出来ました。

ジム・スナイパーⅡ
インスト44番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

ジム・スナイパーⅡ
の様に左足が出来ました。

ジム・スナイパーⅡ
インスト45番で使うパーツです。

インスト45番は中央のパーツに、43番・44番で組み立てた足を取り付けると、

ジム・スナイパーⅡ
の様になります。

ジム・スナイパーⅡ
インスト46番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

ジム・スナイパーⅡ
の様になります。

ジム・スナイパーⅡ
インスト47番で使うパーツです。

これらを組み立てると、

ジム・スナイパーⅡ
の様になります。

ジム・スナイパーⅡ
※ドラケンE[リーア軍所属機]

ジム・スナイパーⅡ
※ドラケンE[作業用]

インスト47番で使うパーツは、選択式のパーツです。

上記のどちらかを選択して、組み立てると、

ジム・スナイパーⅡ
※ドラケンE[リーア軍所属機]

ジム・スナイパーⅡ
※ドラケンE[作業用]

の様に「ドラケンE」が出来ました。

これで、「ジム・スナイパーⅡ」の組み立ては、全て終わりました。

それでは次回、間に合えば完成レビューをしたいと思うんですけど・・・

この所忙しいので、どうなる事やら・・・ちょっと未定ですが、宜しくお願いします。

今日はこれにて、以上になります。
プロフィール

Author:ななし
北海道の東に住む30代後半の自称、連邦量産機バカ。
主に1/144のガンプラ好きのななしが、タイトルの如く、パチ組み素組で組み立てた物とかを、呑気にアップしていこうと思って始めました。
そんなブログですが、一つ宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる