⑥ HG 1/144 ザクⅠ(デニム/スレンダー機)

今日は、MS用マシンガンを組み立てていきます。

MS用マシンガン・・・
オリジン版のザクマシンガン、もしくは120㎜マシンガンの事ですね。

ザクⅠ
こちらはMS用マシンガンに使うパーツです。

これを組み立てると、の前にまずこちら、

ザクⅠ
これはスコープ部分のパーツになりますが、

ザクⅠ
このホイルシールには、対艦ライフル用とバズーカ用のシールのみで、マシンガン用
のシールがありません。

ですので今回僕は、このホイルシールにある通常「目」に使うシールを、マシンガン用
のスコープのセンサーとして、使おうと思います。

その為、この間の記事で頭部の目にあたる部分には、ホイルシールではなく、マーキ
ングシールを使ったという訳だったんですよ。

さて次に、またまた使用するのが、ウェーブのH・アイズ3ミニ[ピンク]です。

ザクⅠ
今回は、この2.5のサイズを使用します。

ザクⅠ
シールをパーツに貼って、クリアパーツを切り出しました。

これを組み立てると、

ザクⅠ
の様になります。

そして、初めに切り出して置いたパーツと、ちょっと弄ったスコープを組み立てると、

ザクⅠ
MS用マシンガンが完成しました。

今日は、ここまです。

いやぁ~手が遅いのと、忙しさで投稿ギリギリで申し訳ないです。

まだまだ、掛かると思いますが宜しくお願いします。

⑤ HG 1/144 ザクⅠ(デニム/スレンダー機)

今日は、左腕と右腕の一部を組み立てていきます。

ザクⅠ
こちらは左腕に使うパーツです。

これを組み立てると、

ザクⅠ
の様に左腕が完成しました。

ザクⅠ
こちらは右肩の無い右腕のパーツです。

こちらも組み立てまして、

ザクⅠ
の様になります。

今日は、ここまでです。

2016年5月の追加購入分

今回は、僕が今月追加購入したプラモデルを一つ紹介します。

HG 1/144 ガンダムアスタロト

アスタロト

こちらは、今月発売の鉄血のオルフェンズ外伝シリーズ第一弾のガンダムアスタロト
になります。

アスタロト
インストです。

アスタロト
パーツの全体像です。

A1・A2・B・C・D・E
の各ランナーパーツ6種とポリキャップ・ホイルシールが入ってます。

今月の発売日に買うのスッカリ忘れてて、買い逃したんですけど・・・
先日お店に行ったら、再度入荷した様で、無事手に入りました(苦笑)。

左右非対称のパーツでの発売は独特で、発表された時は面白いと思ったんですけど、
アニメでバルバドスが、敵のパーツを自身に纏い何度も戦うにつれて・・・
傭兵稼業のアウトローが多い世界なら、当然だなと、なんか納得しました。

ここんところ思う事は、外伝シリーズになると、カスタム機ばかりが発売する状況は、
少々面白みが欠けるんですよね~

出るにしてもアニメで登場し、発売しなかった機体とか、なんか昔のMSV的な構成の
機体とか出して欲しいと思うんですけどね。

どうなる事やら(笑)。

以上、追加購入分でした。

④ HG 1/144 ザクⅠ(デニム/スレンダー機)

今日は、足を組み立てていきます。

ザクⅠ
こちらは足に使うパーツなのですが、両足とも同じパーツなので、片足のパーツのみ
撮りましてアップしました。

これを2度、組み立てると、

ザクⅠ
の様になります。

ザクⅠ
こちらは腰と連結する関節部分のパーツになります。

こちらも同じパーツなので、片方のパーツのみ撮りましてアップしています。

こちらも組み立てまして、

ザクⅠ
先程組み立てた足に、組み合わせるのですが、御覧の通り向きが違うだけです。

これらと、昨日のカカトを組み立てると、

ザクⅠ
両方の足が完成しました。

今日は、ここまでです。

③ HG 1/144 ザクⅠ(デニム/スレンダー機)

今日は、腰とカカトを組み立てていきます。

ザクⅠ
腰に使うパーツとウエストのパーツです。

これらを組み立てると、

ザクⅠ
の様になります。

ザクⅠ
カカトに使うパーツです。

こちらも組み立てると、

ザクⅠ
の様になります。

今日は、ここまでです。

うーん・・・オリジン系のゲート処理はやはり苦手です。
白色化は、最早避けられないか・・・
兎も角、キレイにならしつつ、組み立て頑張ろう!

やはり今週中に全て完成は無理だと悟った今日でした(苦笑)。

② HG 1/144 ザクⅠ(デニム/スレンダー機)

今日は、胴体と頭を組み立てていきます。

ザクⅠ
胴体に使うパーツです。

これらを組み立てると、
ザクⅠ
の様になります。

ザクⅠ
頭に使うパーツです。

今回のザクも、目の部分にクリアパーツを貼ってみます。

ザクⅠ
これは、ホイルシールです。

通常この4番を目の部分に貼るのですが、今回は使用しません。

ザクⅠ
今回使用するのは、マーキングシールの23番です。

ザクⅠ
と、僕が何時も使うウェーブのH・アイズ3ミニ[ピンク]です。

今回は、この2.8のサイズを使用します。

ザクⅠ
まずパーツにシールを張りました。

この後、僕は直にクリアパーツを接着させます。

ザクⅠ
こうなります。

何故貼りつくのかは知りませんが、こうすると下地のピンクの色がクリアパーツに
写ってキレイなんで、僕は何時もこうしてます。
※接着剤付け過ぎると、シールの色が溶けてしまう時があるので注意が必要です。

ザクⅠ

次に、ダクトの部分をガンダムマーカースミ入れペンで塗りまして、

ザクⅠ
組み立てると、こうなります。

以上、胴体と頭の組み立てでした。

① HG 1/144 ザクⅠ(デニム/スレンダー機)

ザクⅠ

先日宣言した通り、今週の組み立て目標は、
HG 1/144 ザクⅠ(デニム/スレンダー機)を組み立てていきます。

ザクⅠ

ザクⅠ
この機体は、アニメ「機動戦士ガンダム ジ・オリジン」に登場したジオン軍の量産型
MSの一つです。

実は・・・僕あまり知らないんですよ、オリジンは・・・

なので、これはあくまで僕の解釈ですけど・・・
現在放映されているジ・オリジンの作品群は、一年戦争後テレビ番組が、終戦記念
スペシャルとして、シャアの生立ちを取上げたドキュメンタリー番組ではないかと思っ
て楽しんでいます。

そうしたらファーストとの違いは、後世の編集者が、つかめなかった情報の断片を、
脚色し描いたと解釈すれば、自然かなぁ~なんて思ってるんで(苦笑)。

ま、そんな事はさて置き、楽しめればいんですけどね♪

ザクⅠ
A1・B1ランナーパーツと、マーキングシール・ホイルシールです。

ザクⅠ
C・D1・D2ランナーパーツです。

ザクⅠ
E・F・H2ランナーパーツと、ポリキャップです。

ザクⅠ
こちらの、赤い○の個所は、今回使用しないパーツで、10パーツありました。

ザクⅠ、昔なら旧ザクですね。

この商品が発売されると聞いてから、ずっと楽しみに待っていたんですよ。

ですので、発売したら凄く嬉しくて、少々奮発しちゃいました(苦笑)。

さてさて、今週は何処まで出来るかな(苦笑)?

次回から組み立て始めますので、今回も宜しくお付き合いください。

2016年5月の購入分

今日は、僕が今月購入したプラモデルを紹介します。

ALL

後で確認したら、ギャンの箱に値札(1166円税込)残ってましたね(苦笑)。



ビルダーズパーツ HD 1/144 MSハンド01(連邦系) ダークグレー

MSハンド01
A・B のランナーパーツがそれぞれ2枚入っています。

MSハンド01
裏側にセット内容が書かれています。

今回はまず、こんなのを買ってみました。

今まで、ビルダーズパーツは購入した事なかったので、どんなもんかと試しに購入
してみたんですよ。

出来れば、ジム改あたりの手を交換してみたいなぁ~と思っています。



HGPG 1/144 量産型プチッガイ

量産型プチッガイ

HGPG 1/144 プチッガイ シリーズのイベント用バリエーションです。

念の為、言いますが、中古じゃないですよ(苦笑)。

連休中に札幌で、ガンダムワールド in 札幌 サッポロファクトリー・アトリウム
が、開催してたので、仕事のついでに寄ってみて、購入してきました。

量産型プチッガイ
市販のはカラーですけど、こちらは白黒のインストです。

白黒ですが、市販のと同じかな?と思ったら、ほんの一ヶ所違う所がありました。

右上のバンダイのロゴマークの隣、「プチッガイ」とありますけど・・・
市販のは、その下に色の名称があるんですけど、量産型プチッガイにはありません
でした(笑)。

量産型プチッガイ
これは、量産型プチッガイの部品注文書になります。

量産型プチッガイ
パーツの全体像です。

I・I2・J の各ランナーパーツ3種とポリキャップ・シールが入ってます。

市販との違いは、全く色のみですね。

なんかこの色観てると、青汁を思い出してしまいました(笑)。

本体色が液体の色で、飾りとかの色が泡の色に・・・飲みたくなってきました(笑)。



HGUC 1/144 G-3ガンダム

G-3

新生-REVIVE-シリーズ HGUC RX-78-2 ガンダム のイベント用バリエーションです。

こちらも、ガンダムワールド in 札幌で購入した物です。

G-3
インストは、残念ながら専用の物ではなく、市販の商品のインストと、

G-3
後、市販との違いを示した白黒のインストが1枚入ってました。

G-3
パーツの全体像です。

A・B・C・SB13
の各ランナーパーツ4種とポリキャップ・ホイルシール・マーキングシールが入っ
てます。

市販との違いは、色と、マーキングシールの追加ですね。

上記の2点は、ずっと欲しかったので、購入出来て嬉しかったです!

中々、北海道にはイベント来ませんからね(苦笑)。



HGUC 1/144 ギャン

YMS-15

こちらは、先日発売したばかりの新生-REVIVE-シリーズ最新作のギャンになります。

YMS-15
インストです。

YMS-15
パーツの全体像です。

A・B1・B2・C1・C2・D1・D2
の各ランナーパーツ7種とポリキャップ・ホイルシールが入ってます。

今回の箱絵は、力強さと機敏さが出てて良いですね~

なんか僕のイメージでは、旧ガンプラのせいか?
のっぺらな感じがして、どうも好きではなかったんですが・・・
これは気に入りました♪

多分に僕のイメージが、ゲームからとかの最近の体型のイメージが強かったからと
思いますが(苦笑)。



HG 1/144 ザクⅠ(デニム/スレンダー機)

MS-05

こちらも先日発売したばかりのオリジンシリーズのザクⅠになります。

MS-05
インストです。
※1枚だとこうなりません。

MS-05
このキットはコンパチ仕様で、左デニム機と右スレンダー機のどちらかを選択して
組み立てる事が出来ます。

MS-05
パーツの全体像です。

A1・B1・C・D1・D2・E・F・H2
の各ランナーパーツ8種とポリキャップ・ホイルシール・マーキングシールが入っ
てます。

僕としては、これは待ちに待ったキットの一つでして、手に入ったら即、組み立て
ようと思っているんですよ♪

ですので、次回これを組み立てていきます。



そうそうもう一つ忘れる所でした。

RGM-79G

先日組み立てましたが、これも今月購入した物だったんですよ。

ちなみに・・・

RGM-79G

先日組み立てが終わったので、合計3、4機目でした(笑)。

後2機で、6機2個小隊になるんですけどね・・・
また購入しますよ(苦笑)。

以上、今月の購入分でした。

2016年プレミアムバンダイから届いた5月分

今月僕が、プレミアムバンダイ(プレバン)で購入した品々を、紹介しようと思います。

ちなみに僕は、ガンプラHG(1/144)専門なので他のサイズは、基本購入しませんの
で、あらかじめご了承ください。

ALL



HGBF 1/144 Ez-SR フォックスハウンド

Ez-SR

こちらは、今年の2月頃プロショップ(模型専門店)にて、限定販売していた
HGBF 1/144 Ez-SR マキシマ のバリエーションです。

一部頭部の形状と、銃身がロングタイプに交換されたロングバレルビームライフルを
追加し、カラーが変更され登場しました。

付属武装
ロングバレルビームライフル / 180ミリキャノン / ミサイルランチャー
電磁ナックル / ビームサーベル / シールドセンサー

Ez-SR
組み立て説明書(インスト)はカラーで専用の物が付属します。

Ez-SR
パーツの全体像です。

A1・A2・C1・C2・E1・E2・E3・F・G1・G2・H1・H3・SB6
の各ランナーパーツ13種と、ポリキャップ・ホイルシールが、入ってます。

Ez-SR
※HGBF 1/144 Ez-SR マキシマ の説明書から一部抜粋

プロショップで販売していた「マキシマ」との違いは、

Ez-SR

このH3パーツの有無のみの様で、「マキシマ」では、H1パーツが2枚入っていまし
たが、「フォックスハウンド」では、H1パーツが1枚減らされ、代わりにH3パーツが
入っています。



HG 1/144 MS-06RD-4 高機動試作型ザク

RD-4

こちらは、今年の2月頃発売した HG 1/144 YMS-09B ドム試作実験機
のバリエーションです。

今から約20年前、OVAで展開された「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」に、登場し
たMSで、ヒロインの「アイナ・サハリン」が搭乗し、主人公の搭乗するボールと壮絶な
バトルを展開した機体を、オリジン版のドム試作実験機を基に、パーツの変更によっ
て再現したキットです。

付属武装
MS用マシンガン / ヒート・ホーク

RD-4
インストはカラーで専用の物が付属しますが、組み立て・シールの張付説明と、
カラーガイドのみでして、通常の様な詳しい設定説明などはありませんでした。

RD-4
パーツの全体像です。

A1・A2・B1・B2・C1・D1・D2・E2・H1・H2・I
の各ランナーパーツ11種と、ポリキャップ・ホイルシール・マーキングシールが、
入ってます。

一般販売している「ドム試作実験機」との違いは、

RD-4

RD-4
※袋から取り出していませんので、観辛く申し訳ありません。

この専用の刻印があるH1・H2パーツの他、新たにC2・Iパーツが追加され、
A1・A2・C1・D1・D2パーツにもジョイントにより一部削除・変更が加えられ、
SB18・G・Fパーツが入っていませんでした。

以上、4月に届く分を5月に変更して届けてもらった分です。

ちなみに・・・


RD-4

1次と2次に分けて「高機動試作型ザク」は2個目購入してます。



HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX2

XM-X2

こちらは、2014年11月頃発売した HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX1
のバリエーションです。

今から約22年前に「月刊少年エース」にて連載された
「機動戦士クロスボーン・ガンダム」に登場したMSで、「ザビーネ・シャル」の愛機。

これまでプレバンにてHGでは、X1改・X2改と発売してきましたが、何故か?
このX2は出ていませんでしたが、新たに槍状の武器ショット・ランサーを加えて
満を持しての登場です。

付属武装
ショット・ランサー / シザー・アンカー / ヒート・ダガー / ビーム・サーベル
ザンバスター(ビーム・ザンバー+バスターガン)
ブランド・マーカー(ビーム・シールド) / ABSマント

XM-X2
これは、インストとABSマントで、インストはカラーで専用の物が付属します。 

XM-X2
パーツの全体像です。

A・B・C・D1・E・F・G1・G2・H1・H2・L4・N1・N2
の各ランナーパーツ13種と、ポリキャップ・ホイルシール・リード線が、入ってます。

一般販売している「クロスボーン・ガンダムX1」との違いは、

XM-X2

このショット・ランサーの様な新規パーツ、L4・N1・N2が新たに追加され、
B・C・D1・E・G1パーツではジョイントにより一部削除・変更が加えられて
います。



HGUC 1/144 ボールK型(第08MS小隊版) & ボール(シャークマウス仕様)

RB-79K

こちらは、2010年9月頃発売した HGUC 1/144 RB-79 ボール ツインセット
のバリエーションです。

この商品は、以前プレバンにおいて2012年2月頃販売した商品の再販品で、
今回販売した「高機動試作型ザク」の発表と合わせて再販する事になった商品
です。
※「高機動試作型ザク」とのコラボは、ボールK型(第08MS小隊版)を指します。

このボールK型は、今から約20年前にOVAで展開された
「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」に登場した簡易型MSで、主人公の「シロー・
アマダ」が搭乗し、高機動試作型ザクと壮絶なバトルを展開した機体を、カラーと
新規パーツの変更で再現したキットです。

もう一つのボール(シャークマウス仕様)は、今から約12年前にOVAなどで展開し
た「機動戦士ガンダム MS IGLOO」に登場した連邦軍の簡易型MSです。

この作品では、ジオン側からの視点で描かれており、ボール(シャークマウス仕様)
は、敵側として登場し活躍した機体を、カラーと新規パーツの変更で再現したキット
です。

付属武装
180ミリ低反動キャノン砲(連装式フィフティーンキャリバー)
※ともに選択式です。

RB-79K
最近はカラーのインストが多くなってきましたが、この時は簡素な白黒の
インストですね。

RB-79K
パーツの全体像です。

A・B・C の各ランナーパーツ2体分計6種と、ボール(シャークマウス仕様)の
マーキングシールが入っています。

一般販売している「ボール ツインセット」との違いは、

ボールK型(第08MS小隊版)とボール(シャークマウス仕様)それぞれの、A・B・C
パーツのジョイントに一部削除・変更が加えられています。




以上、僕のプレバン5月分購入品でした。

HGUC 1/144 RGM-79G 「ジムコマンド」 パチ組素組み完成!!

先週中、組み立てしていた 「ジムコマンド」 が、完成しましたので紹介します。

まず、前後の写真から、

ジムコマンド
こちらは前です。

ジムコマンド
これは後です。

次に装備違いを、
ジムコマンド
これは前方向の写真とあまり変わりませんが、一応ブルパップ・マシンガンと左手
握り拳装備のバージョンです。

ジムコマンド
こちらは、右手ビームサーベル持ち手と左手開き装備のバージョンです。

次は少し可動を、
ジムコマンド
これは、右手ビームサーベル待ち手の状態で腕を曲げてみた写真です。

90°位は曲がるみたいですね。

でも、
ジムコマンド
ブルパップ・マシンガンを装備した場合、干渉して曲げきる事は出来なくなります。

ジムコマンド
こちらは足の可動をみてみました。

御覧の通り、この足も90°位は曲がるものの、片足立ちや正座などは無理です。

ジムコマンド
腰かける事は出来る様ですけどね。

流石に最近のガンプラと比べると、可動に大きな制限はありますけど・・・
これはこれでいいのではないでしょうか?

最近のガンプラの表現は、僕としてはやり過ぎ感が多少ありまして、例えば可動
に連動して装甲も一緒に動くとか、ちょっと待てよ?といった引き出し関節機構と
かね(苦笑)。

さて、次は少しポーズを付けてみた3枚です。
ジムコマンド
何となく、後ろ姿も良いなぁと思いまして(笑)。

ジムコマンド
サーベルを腰だめに構えてみました。

ジムコマンド
正面に銃口を向けてみました。

さて今回は、どうでしたでしょうか?

前は、いっぺんに切り出して、次は組み終わったパーツで書いてみましたが、
今回は、一つ一つ切り出したのを並べて、組み終わったパーツ共々書いてみました。

今回の様に小分けした方が、写真としては全体でゴチャゴチャ撮るより良いのかな?

後、話は変わりますが、このブログを続ける中で、僕の目標みたいなものがあった
んですが・・・

更新時間は不定期でも、毎日1回はブログを書く!
の目標はなんとか、今回は達せられましたが・・・

1週間に1体は組み上げる!
は、どうやら無理そうです。

まぁ~でも、これからも今回の様な感じで、ブログを書きつつ考えてやっていこう
と思います。

では最後に、ジムコマンドの雄姿を(笑)、

ジムコマンド

以上ちゃっかり2体同時、組み立てしてました。



関連記事

① 1/144 RGM-79G 「ジムコマンド」 HG
② ジムコマンド
③ ジムコマンド
④ ジムコマンド
⑤ ジムコマンド
⑥ ジムコマンド
「ジムコマンド」 パチ組素組み完成
プロフィール

ななし

Author:ななし
北海道の東に住む30代後半の自称、連邦量産機バカ。
主に1/144のガンプラ好きのななしが、タイトルの如く、パチ組み素組で組み立てた物とかを、呑気にアップしていこうと思って始めました。
そんなブログですが、一つ宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる