㉜+α2 HGBF 1/144 Hi-νガンダムグレイブ

今日は、前回の途中から、[バックパック]を、組み立てていきます

今回は、インスト番号3の途中から、4番まで組み立てていきます。

Hi-νガンダムインフラックス
まず、こちらです。

これらを組み立てると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になります。

Hi-νガンダムインフラックス
続いて、今組み立てたパーツ(下)に、上のパーツを組み立てると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になりました。

これを、同じくもう1つ組み立てると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になります。

そして、プレバンのと市販のは、4つ分ありますから、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になりました。

Hi-νガンダムインフラックス
次は、こちらのパーツです。

これは前に組み立て、バックパックに取付けてたパーツの内、今回こちらのパーツを再度組み
直しますので、取り外して置いたパーツになります。

この2つのパーツの可動する部分を、既定の位置に可動させると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になります。

Hi-νガンダムインフラックス
続いて、始めに組み立てたパーツ(左)に、今用意したパーツの1つ(右下)と、右上のパーツを
組み立てると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になりました。

こちらも、同じくもう一つ組み立てると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になります。

そして、プレバンのと市販のは、4つ分ありますから、

Hi-νガンダムインフラックス
※左上の2つのパーツは、「インフラックス」の方に使っているパーツがある為、この状態です。
の様になりました。

今日は以上になります。

⑤ HGBF 1/144 Hi-νガンダムインフラックス

今日は、インスト番号6[腕]の組み立てを、組み立てていきます。

ただ・・・
インストでは、[腕]になってますけど、僕は[肩]だと思うんですけどね・・・。

Hi-νガンダムインフラックス
まず、こちらのパーツです。

これらを組み立てると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になります。

これを、同じくもう一つ組み立てると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になりました。

Hi-νガンダムインフラックス
続いて、今組み立てたパーツ(右下)に、右上・左のパーツを、それぞれ取付けると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になります。

これも、同じくもう一つ組み立てると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になりました。

Hi-νガンダムインフラックス
次は、こちらのパーツです。

これらを組み立てると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になります。

これを、同じくもう一つ組み立てると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になりました。

Hi-νガンダムインフラックス
次は、こちらのパーツです。

このパーツに、

Hi-νガンダムインフラックス
※2枚あるシールの内、上のは、「Hi-νガンダムヴレイブ」のシールです。
下のシールの4番(上も4番)を二つそれぞれ両側に貼ると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様になります。

Hi-νガンダムインフラックス
続いて、今シールを貼ったパーツ(上)と、始めに組み立てたパーツ(中央)、その後組み立て
たパーツ(下)を、組み合わせると、

Hi-νガンダムインフラックス
の様に、[腕]が出来ました。

これを、同じくもう一つ(他のも合わせると七つ)組み立てると、

Hi-νガンダムインフラックス
※右のは、市販の「Hi-νガンダムヴレイブ」のパーツです。
の様になりました。

今日は以上になります。

ご報告します。

今日は、僕の都合により、組み立て作業は、一旦お休みします。

だと寂しいので、嬉しい事を一つ♪

今回、僕がこっそり覗きに行っていたブログの方と、相互リンクして頂ける事になりました。

ブログは、「white one【シロいヤツ】」という名のブログで、「Uchi」さんが運営されております。

ブログのペースは、ゆっくりな方の様ですが、オリジナル設定の最終決戦仕様として、HG
のリバイブと、ジ・オリジンのガンキャノンを、それぞれ同じ仕様で制作されるなど、どう
やら、フル装備が好きな方の様ですね?

完成された作品を見ると、しっとりとした感じの鮮やかな色がキレイです。

1convert_20170502211403.png

今後とも、宜しくお願い致します。

一休み

今日は、組み立て作業は、一旦お休みします。

先週から、ちょっとブログ内を弄ってまして、一応一通り終わったので、編集内容について、
今回は、話したいと思いますので、お付き合いください。

今回弄ってみたのは、カテゴリ内の一つ。

「パチ組完成品」内に「パチ組完成品一覧」というページを作りました。

編集
今までの表示では、完成した古い順に並んでましたが、それだと新しいのは、どんどん後ろに
追いやられ、何度もページをめくらないといけませんでしたから、それだと今後は大変だな?
と思いまして、新たに上の様な一覧を作ってみました。

例えば、ガンダムシリーズの「0080ポケットの中の戦争」をクリックすると、

編集
の様な画面に変わり、ガンダムシリーズの0080ポケットの中の戦争カテゴリに登場もしく
は、関わりのあるガンプラで、僕がこれまで組み立てた完成品を、個別に選択出来る様にしま
した。

また、その他全てのページには、下にある「戻る」をクリックすると、先程のパチ組完成品一覧
のページに戻れる様にしました。

後、今回の編集で、気になった所などを、幾つか手直ししていますが、主に複数にまたがった
完成記事の、下の関連記事内とか、自己紹介などだけですので、そこは省きますね。

今後、この様な感じで行こうと思います。

今日は、以上です。

バンダイ プラモデルカタログ

今日は、前日紹介しましたガンプラの箱の中に、入っていた「BANDI PLAMODEL 2016 SUMMER」
と、僕が持っていて、唯一残っていた過去の「BANDI PLASTIC MODEL KITS CATALOGUE 1992」を
合わせて紹介します。

バンダイプラモカタログ
此方が、今回購入したガンプラの中に入っていた「バンダイ プラモデルカタログ」です。

僕の場合は、「パンダッガイ」と「ギャンスロット」に入っていました。

それでは、中の一部を見ていきますね。

※カタログ二枚を上下に置いて開いてます。
バンダイプラモカタログ
まず始めは、バンダイの代名詞であるガンプラからの紹介ですね。

今回発売した「ビルドファイターズトライ」からの新商品と、今後発売するラインナップが、
載っていました。

下のは、何個イチしたんでしょうね(笑)?

現在のHGシリーズを使って、組み替え遊びを楽しもう!
という様な物が載っていました。

バンダイプラモカタログ
こちらは、現在放送中の「マクロスΔ」の新商品等のラインナップ(上)と、「ドラゴンボールZ」
の一部登場キャラをプラモデル化した新商品等のラインナップ(下)が載っていました。

しかし・・・
まだ?また?やってたんですねドラゴンボール・・・。

バンダイプラモカタログ
こちらは、「妖怪ウォッチ」の商品のラインナップ並び新商品の紹介(上)と、「ゲキドライプ」の
商品のラインナップ(下)が載っていました。

「妖怪ウォッチ」人気ありますね!
今回のカタログの紹介では唯一、持っているのを一目で分かる様に、商品名の後に□でチェック
を入れられるようになっていました。

「ゲキドライプ」?
知らないなぁ(苦笑)~・・・。

昔、他社の「タミヤ」で人気だった「ミニ四駆」の様なものみたいですかね?
最も、4輪駆動ではない様ですが・・・。

色々新商品出してますね。

以上、今回のガンプラにオマケで入っていた「バンダイ プラモデルカタログ」の一部を、紹介
しました。

ページ数は、表・裏紙合わせて16ページでした。



さて、今回「BANDI PLAMODEL 2016 SUMMER」を紹介しましたが、これから紹介するのは、今から
約24年前の「BANDI PLASTIC MODEL KITS CATALOGUE 1992」というプラモデルカタログを紹介
します。

今回手に入ったのを見てる内、懐かしくなったので、昔の無かったかな?
と探してみたら、一つ残っていましたので、懐かしさも含めて、ちょっと記事にしてみました。

バンダイプラモカタログ
これが、1992年のバンダイ プラモデルカタログです。

表紙は、その時の目玉商品が載っているのは、今のとそんなに変わりありませんね。

明らかな違いと言えば、この当時は、携帯電話とかインターネットが使えるパソコンが普及して
いませんでしたから、「WWW」から始まるウェブ情報が一切載ってない事ですね(笑)。

それでは、中身の一部を見ていきますね。

バンダイプラモカタログ

バンダイプラモカタログ
こちらも、始めはガンプラからの紹介から始まります。

1992年ですから、この時はまだ、アニメ「機動戦士Ⅴガンダム」は放送していませんでした
から、その前のシリーズまでの商品がラインナップされ全て載っていました。

この時も、「妖怪ウォッチ」で紹介した□のチェックが、商品名の後にありました。

当時はこのカタログを何度も何度も見て、夢を膨らませたものです。

ちょっと面白いものと言えば、2番目の写真の右下の方に写っているリアル等身の武者ガンダム
達かな?

今はMGで新規のが手に入りますが、これはもう手に入るかな?

殆んど絶版に近いんではないかと思いますが、こんなのも昔、1/144であったんですよ。

当時は、今の様なHGとかのシリーズの様に、ほぼ完璧な色分けが再現されていた訳じゃない
ので、色塗りが大変でしたけど、手元にある物を代用とかりして、四苦八苦しながら色分けし
てましたね~・・・。

今は有難い事に、パチ組みでどんどん組み立てていけますから、ホント楽ですね(苦笑)。

バンダイプラモカタログ

バンダイプラモカタログ
リアル等身のガンプラの次は、SDガンダム達が活躍した戦国シリーズとかが載っていました。

2番目の写真はSDガンダムのカタログの最後の方ですが、右に写っているのは・・・

昔NHKで放送してた人形劇の「ひょっこりひょうたん島」の大統領のプラモデルの様です。

こんなのも販売してたんですね。

バンダイプラモカタログ
後は、当時放送していたアニメ「キン肉マン」シリーズとかもラインナップしていました。

今回は写真を撮っていませんが、他には、「ドラゴンボールZ」とかバンダイの出版物とかの
情報も載っていました。

今回手に入った、2016年版のプラモデルカタログを見て、懐かしくなったので、昔のを
引っ張り出してきた訳ですが、24年経った今も、ガンプラはまだしも、ドラゴンボールZが、
商品のラインナップから外れていないというのは、ちょっと驚きでした。

後、やはりネット環境が無いからか?ページ数は、表・裏紙合わせて48ページでした。

48ページで非売品とは・・・、
当時買って欲しくて頑張ったんでしょうかねバンダイさん(笑)。

以上、新旧のバンダイ プラモデルカタログの紹介でした。



関連記事
2016年8月の購入分
プロフィール

Author:ななし
北海道の東に住む30代後半の自称、連邦量産機バカ。
主に1/144のガンプラ好きのななしが、タイトルの如く、パチ組み素組で組み立てた物とかを、呑気にアップしていこうと思って始めました。
そんなブログですが、一つ宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる